ニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ドライヴ」続編はないと断言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月8日 > ニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ドライヴ」続編はないと断言
メニュー

ニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ドライヴ」続編はないと断言

2016年7月8日 12:00

ニコラス・ウィンディング・レフン監督「ドライヴ」

ニコラス・ウィンディング・レフン監督
Photo by Pierre Suu/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新作「ザ・ネオン・デーモン(原題)」をプロモーション中のニコラス・ウィンディング・レフン監督が、ヒット作「ドライヴ」の続編について製作の意思はないことを語った。

英メトロ紙のインタビューに応じたレフン監督は、「ドライヴ」(2011)、「オンリー・ゴッド」(13)で組んだ俳優ライアン・ゴズリングと、再び新作を撮る可能性があることを明かした。その企画が「ドライヴ」続編かと聞かれたレフン監督は、「それはない。観客を心底落胆させるだけだから、『ドライヴ』の続編なんて絶対に作らない」と断言。「期待されても、やらないほうがいい場合もある。続編を作ることで、前作で築いた神話をぶち壊してしまうこともあるから」と説明した。

レフン監督の新作「ザ・ネオン・デーモン」は、モデルとして成功するためにロサンゼルスにやって来た16歳の少女ジェシーのダークな野望を描くスタイリッシュなホラー映画で、エル・ファニングがミステリアスなヒロイン、ジェシーを演じている。レフン監督曰く、ファニング以外の主演女優は考えていなかったとのこと。「彼女にはそれ(カリスマ性のようなもの)があるんだ。彼女にしか備わっていない。僕がこの作品に望んでいたのは彼女だけで、だから僕のミッションはエル・ファニングを獲得することだった」と語っている。「ザ・ネオン・デーモン」は先日アメリカで封切られ、イギリスでは7月8日から公開。日本では来年公開の予定。

ドライヴ[Blu-ray/ブルーレイ] ドライヴ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 天才的なドライビングテクニックを持ち、昼はハリウッドのスタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手が、そのテクニックゆえに危険な裏社会の抗争に巻き込まれていく様を描くクライム・サスペンス・ムービー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi