森川葵「花戦さ」で映画オリジナルのヒロインに!繊細な演技で新境地開拓 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月27日 > 森川葵「花戦さ」で映画オリジナルのヒロインに!繊細な演技で新境地開拓
メニュー

森川葵「花戦さ」で映画オリジナルのヒロインに!繊細な演技で新境地開拓

2016年6月27日 06:00

「花戦さ」でヒロインを務める森川葵「花戦さ」

「花戦さ」でヒロインを務める森川葵
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の森川葵が、狂言師・野村萬斎と歌舞伎俳優・市川猿之助が共演する映画「花戦さ」でヒロインを務めることがわかった。原作となった華道池坊家の初代・池坊専好を主人公に描いた鬼塚忠氏の小説には登場しない、映画オリジナルのキャラクターである天才絵師・れんに扮する。

森川は、人に対して心を閉ざしていたれんが専好(萬斎)に助けられ、少しずつ変化していくさまを繊細に演じ、「これまでおしゃべりな役が多かったのですが、今回は表情のお芝居で勝負するのがすごく楽しみでした」と新境地を開拓した様子。ベテラン勢との共演に恐縮しながらも、「実際現場にきたら楽しく毎日撮影することができました。萬斎さんの演技を見て、時代劇でも、もっと自由に色んなことにチャレンジしてみていいんだ、堅苦しくなり過ぎなくていいんだ、ということを学びました」と収穫はたっぷりとあったようだ。

一方の萬斎は、初共演となった森川について「普段はハキハキしていますが、カメラの前では何とも言えない不思議な色気や一種のカリスマ性を感じました」と太鼓判を押す。「役柄としても、花と絵、それぞれのアーティストとして触発・尊重しあえる同志的な関係を演じられたと思います」と仕上がりに自信をのぞかせた。

花戦さ」は、篠原哲雄監督(「起終点駅 ターミナル」)がメガホンをとり、“花”の専好と“茶”の千利休の友情、時の天下人・豊臣秀吉との対立を描く。また、れんが描く劇中画は、作品が大英博物館にも所蔵展示される世界的アーティスト・小松美羽が手掛けている。萬斎、猿之助、森川をはじめ佐藤浩市中井貴一佐々木蔵之介高橋克実ら豪華キャストが共演する。2017年公開。

起終点駅 ターミナル[DVD] 起終点駅 ターミナル[DVD] 最安価格: ¥3,763 北海道出身・在住の直木賞作家・桜木紫乃が釧路を舞台に描いた小説を、佐藤浩市と本田翼の初共演で映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi