高橋克実、野村萬斎×市川猿之助「花戦さ」で時代劇映画初出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月20日 > 高橋克実、野村萬斎×市川猿之助「花戦さ」で時代劇映画初出演!
メニュー

高橋克実、野村萬斎×市川猿之助「花戦さ」で時代劇映画初出演!

2016年4月20日 06:00

「直撃LIVE グッディ!」の合間に撮影参加「花戦さ」

「直撃LIVE グッディ!」の合間に撮影参加
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高橋克実が、狂言師・野村萬斎と歌舞伎俳優・市川猿之助が共演する映画「花戦さ」に参戦していることがわかった。時代劇映画初出演を飾り、「フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』に出演している関係上、映画出演はスケジュール的になかなか難しいので、オファーが来た時は単純に大喜びしました」と振り返っている。

華道池坊家の初代・池坊専好を主人公に据えた鬼塚忠氏の小説を、篠原哲雄監督(「起終点駅 ターミナル」)のメガホンで映画化。“花”の専好と“茶”の千利休の友情や、時の天下人・豊臣秀吉との対立を描く。萬斎(専好役)と猿之助(秀吉役)をはじめ、中井貴一(織田信長役)、佐々木蔵之介(前田利家役)、佐藤浩市(利休役)という名優たちが結集した。

そのなかで高橋は、専好の幼なじみである吉右衛門役に扮する。花、茶、絵画などの文化に精通する役どころというだけに、「生け花には全く接点がない生活でしたが、池坊の方たちの講義を受けて、すごく面白く受けさせていただきました。また、お茶をたてるシーンに向けて、今後はお茶も練習します」といい、「年齢を重ねたせいか、日本人の原点の文化に触れられるこの作品は、とても興味深いです」と明かしている。

さらに、豪華キャスト陣との共演に「狂言界と歌舞伎、映画界のそれぞれの第一人者が3つ巴の映画に参加させて頂けるということで、とても興奮しています」と期待に胸膨らませ、「萬斎さんも今回、難しい役どころをとてもキュートに演じられているので、楽しみにしてください」と呼びかけている。映画「花戦さ」は5月下旬にクランクアップを迎え、池坊家が「花を生けた」という記録から555年の節目である2017年に全国で公開される。

起終点駅 ターミナル[DVD] 起終点駅 ターミナル[DVD] 最安価格: ¥3,763 北海道出身・在住の直木賞作家・桜木紫乃が釧路を舞台に描いた小説を、佐藤浩市と本田翼の初共演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi