デッドプール“本人”が日本のファンにお詫び?コメント映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月19日 > デッドプール“本人”が日本のファンにお詫び?コメント映像公開
メニュー

デッドプール“本人”が日本のファンにお詫び?コメント映像公開

2016年5月19日 08:00

過激な言動が目立つ“無責任ヒーロー”「デッドプール」

過激な言動が目立つ“無責任ヒーロー”
(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]R指定映画として史上最高額となる全世界興行収入7億6100万ドルのヒットを記録したアメコミ映画「デッドプール」の、日本のファンに向けたメッセージ映像が公開された。主演のライアン・レイノルズ自身が無責任ヒーロー“デッドプール”のスーツを身にまとって登場し、コミカルな演技を披露している。

かつて腕利きの傭兵だったウェイド・ウィルソン(レイノルズ)は、ある日末期がんを宣告され、病気を治すために人体実験に参加する。だが、どんな攻撃を受けてもすぐさま回復する特殊な肉体と引き換えに、醜い風ぼうとなってしまったウィルソンは、全身赤のコスチュームを着て「デッドプール」と名乗り、人体実験の責任者へ復しゅうを果たそうとする。

デッドプールは、「俺は君たちと同様にゴム製マスクが大好きで、キティちゃんが好きでその上にコレクター。俺は『ワム!』のレコード、日本刀、敵の首なんかを集めてるけど、君たちが集めてるのは映画の特別鑑賞券だろ?」と意外な日本通ぶりをアピール。前売り券「ムビチケカード」についても言及している。

また、世界中で封切られているにもかかわらず、日本公開が6月1日まで引っ張ったことについて「長いこと待たせて悪かったけど、よく言うだろ? 『待った者は報われる』とね」とデッドプールらしい言い回しでファンに“謝罪”している。

デッドプール」は、「トランスポーター イグニション」(2015)のエド・スクレイン、「トランスフォーマー ロストエイジ」(14)のT・J・ミラー、「ワイルド・スピード EURO MISSION」(13)のジーナ・カラーノらが出演する。「ゾンビランド」(09)のレット・リースポール・ワーニックが脚本を手がけた。6月1日から全国公開。

【初回仕様】トランスポーター イグニション[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】トランスポーター イグニション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,042 最速最強の運び屋のバトルを描くアクション大作。
トランスフォーマー/ロストエイジ[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー/ロストエイジ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 マイケル・ベイ監督が贈るSFアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi