綾野剛、ニューヨーク・アジア映画祭ライジング・スター賞を受賞へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月18日 > 綾野剛、ニューヨーク・アジア映画祭ライジング・スター賞を受賞へ
メニュー

綾野剛、ニューヨーク・アジア映画祭ライジング・スター賞を受賞へ

2016年5月18日 17:00

主演作「日本で一番悪い奴ら」がオープニング上映「日本で一番悪い奴ら」

主演作「日本で一番悪い奴ら」がオープニング上映
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本警察史上最大の不祥事といわれる実在の事件を題材にした映画「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)が、6月22日(現地時間)に米国で開幕する第15回ニューヨーク・アジア映画祭のオープニング作品に選出され、主演・綾野剛のスクリーン・インターナショナル・ライジング・スター賞の受賞が決定した。

今作で「正義の味方、悪を絶つ」という信念を持ちながら、でっちあげ、おとり捜査、やらせ逮捕などあらゆる悪事に手を染めていく北海道警察の刑事の26年間を演じきった綾野は、授賞式に出席する予定。リンカーン・センターで行われるオープニング上映には白石監督が出席する。

北米有数のアジア映画祭でディレクターを務めるサミュエル・ジャミエール氏は、「組織的権力の中心にはびこる腐敗を妥協することなく描写した壮絶な主人公の半生は、深作欣二の『仁義なき戦い』のような往年の傑作を想起させます。このような生々しいエネルギーをスクリーンに呼び戻してくれる作品と俳優を発見できたことにワクワクする気持ちが止まりません」とコメントしている。

スクリーン・インターナショナル・ライジング・スター賞はこれから世界的な活躍が期待されるアジア人俳優に贈られる賞で、2014年の二階堂ふみ、15年の染谷将太に続いての受賞。今年は綾野のほか、中国の新人女優リン・ユン、フィリピン人女優テリ・マルバーが選ばれた。13年までは「ライジング・スター賞」として設置されており、11年に山田孝之、12年に長澤まさみが受賞している。

映画「日本で一番悪い奴ら」は6月25日から全国公開。第15回ニューヨーク・アジア映画祭は6月22日~7月9日に開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi