ピーター・バラカン、大量虐殺の実態を世界に報じた裁判放送描く「アイヒマン・ショー」に衝撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月13日 > ピーター・バラカン、大量虐殺の実態を世界に報じた裁判放送描く「アイヒマン・ショー」に衝撃
メニュー

ピーター・バラカン、大量虐殺の実態を世界に報じた裁判放送描く「アイヒマン・ショー」に衝撃

2016年5月13日 17:00

(左から)武田砂鉄氏とピーター・バラカン「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」

(左から)武田砂鉄氏とピーター・バラカン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンが出廷した裁判のテレビ放送に挑んだ男たちを描く「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」(公開中)の特別トークショーが5月12日、都内の劇場で行われ、ブロードキャスターのピーター・バラカンとフリーライターの武田砂鉄氏が出席した。

1961年のイスラエル・エルサレム。テレビプロデューサーのミルトン・フルックマン(マーティン・フリーマン)とドキュメンタリー監督レオ・フルヴィッツ(アンソニー・ラパリア)は、アイヒマンの裁判をテレビ放送し、ホロコースト(大量虐殺)の実態を全世界に報じようと奮闘する。「アンコール!!」(12)のポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督がメガホンをとった。

バラカンは「裁判がこのように中継され、それによってホロコーストが広く知られるようになったことを、この映画で初めて知りました。50数年前は、ホロコーストがほとんど認知されていなかった。あの裁判がなければどうなっていたか」と映画から受けた衝撃を語る。その言葉を受け、武田氏も「ある1つの史実というものを映像で色々な国に知らせていくという走りだった。これ(裁判放送)がもたらしたインパクトは相当大きかった」とうなずいていた。

作品の魅力については、バラカンは「すごく素朴な作品。60年のテレビ界を意識した作りで、それがすごく効果的だった。(フルヴィッツ)監督が劇中で何度も言うセリフなのですが、『ファシズムは誰にでも起こりうる』。見終わって、確かにそうだなと思いました」と述べた。一方、武田氏はゴーストライター騒動で日本中の注目を集めた佐村河内守を題材にしたドキュメンタリー映画「FAKE」(6月4日公開)と本作の類似性を挙げながら「そこ(特定の対象にカメラを向けること)から見えてくる情報って、自分たちの持っていた情報の向こう岸から迫ってくるもの。そのショットを見るだけで、自分に欠落していた部分が映像によって充足されていく。そういう体験をできるのが本作の魅力」と評した。

アンコール!! スペシャル・プライス【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] アンコール!! スペシャル・プライス【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 72歳の頑固じいさんが、愛する妻のため一世一代の大決心!笑って泣けて誰もが元気になるストーリー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi