小沢仁志、人生初タキシードもホテルのボーイに間違われ憮然「蝶タイ取りてえ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月15日 > 小沢仁志、人生初タキシードもホテルのボーイに間違われ憮然「蝶タイ取りてえ」
メニュー

小沢仁志、人生初タキシードもホテルのボーイに間違われ憮然「蝶タイ取りてえ」

2016年4月15日 20:00

キャスト陣がずらり勢ぞろい「CONFLICT 最大の抗争」

キャスト陣がずらり勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の小沢仁志が主演の映画「CONFLICT 最大の抗争」の完成会見が4月15日、都内のホテルで行われた。

制作会社オールインエンタテインメントの20周年記念作で、小沢をはじめ哀川翔本宮泰風的場浩司赤井英和ら任侠(にんきょう)映画で鳴らしたスター25人が集結。小沢は、「これだけのメンツが集まることは2度とない。皆生かしているから、その雄姿を見に来てくれ」と自信のほどをうかがわせた。

だが、晴れの日に人生初というタキシードに蝶ネクタイの正装で決めてきたものの、「ホテルに入った途端にボーイと間違われて荷物を渡された。早く蝶タイを取りてえ」とご機嫌斜めの様子。緊張対策のため酒を飲んで会見に臨み、本宮夫人で司会を務めたタレントの松本明子に「アッコ、衣装がババアくせえぞ」など暴言を吐きまくった。

さらにラブシーンのある本宮に、「こっちはいろんなもん背負って立ってんのに、イチャイチャしやがって」と、的外れのクレーム。さらに、ラブシーンの相手で同作で女優デビューした堀田茜には、「こらっ、ペチャパイ。もっとトークを磨け」と公開説教するなど完全な暴走モードだ。

これには、本宮や中野英雄が制止するのに必死。藤原監督が、「現場で一番マジメに考え、皆を引っ張ってくれたのが小沢さん。人間ドラマとしていい作品になったのは、小沢さんのおかげ」と持ち上げ、その場を取り繕っていた。

CONFLICT 最大の抗争」は、日本最大のやくざ組織傘下の組長が殺害されたことをきっかけに、カジノの利権をめぐりやくざ、アウトロー、警察、政治家をも巻き込んだ一大抗争に発展していくアクション叙事詩。5月28日から東京・シネマート新宿などで公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi