哀川翔が「ワイルド・スピード」シリーズ出演に意欲!? 「カーダイブシーンを見て血が騒いだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月17日 > 哀川翔が「ワイルド・スピード」シリーズ出演に意欲!? 「カーダイブシーンを見て血が騒いだ」
メニュー

哀川翔が「ワイルド・スピード」シリーズ出演に意欲!? 「カーダイブシーンを見て血が騒いだ」

2015年4月17日 13:30

登壇した(左から)小沢一敬、哀川翔、岡田圭右「ワイルド・スピード」

登壇した(左から)小沢一敬、哀川翔、岡田圭右
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の公開直前トークイベントが4月16日に東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、哀川翔、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右、「スピードワゴン」の小沢一敬が出席。芸能界きっての車好き3人が熱いトークを繰り広げた。

自身のレーシングチームを持ち、監督を務めている哀川は本作について「ちょっとびっくりしたね。あまりのテンションの高さに、気付いたら息を止めながら見ていた。見終わった後はラリーレースを終えた後みたいにクタクタになったよ」と大興奮。さらに「実際に空から車を落下させたカーダイブシーンを見て、血が騒いだね。ある程度は自分もできるという気持ちになった」と口にすると、岡田は「そんなことを思うのは哀川さんだけですよ! いつか哀川さんも『ワイルド・スピード』シリーズに出演するんじゃないですか」と驚いた表情を浮かべていた。

この日は、会場のスクリーンに3人が乗っている車の写真を投影し、愛車への思いを語るひと幕もあった。一心不乱に“車愛”を語る岡田の様子を見た哀川が「そんなに車が好きならうちのチームに入らない?」と誘うと、それまでハイテンションでしゃべっていた岡田は急に小声になり「いや、とばすのが怖いんです」と告白。さらに小沢も「僕もとばすのは怖いです」と続けると、哀川は「とばす必要はないけど、安全運転するためにはちゃんとアクセルを踏まないとだめだよ」とアドバイス。「『車がぶつかりそうになったら逃げろ。いざとなったらバックしろ、そうすればぶつからないから』と子供のころに父親から教わった。いつ何が起こるか分からないという気持ちで車に乗るべき。そのあたりはこの映画でも描かれているよね」と語った。

人気カーアクションシリーズ第7作。前作「ワイルド・スピード EURO MISSION」でドミニク(ビン・ディーゼル)らと激闘を繰り広げたオーウェン・ショウ(ルーク・エバンス)の兄で、一国の軍隊と変わらぬほどの兵力を持つデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が、東京にいるドミニクたちの仲間を襲撃。大切な仲間を奪われたドミニク率いる“世界最速”のチームは、圧倒的な強さを誇るデッカードを相手に決死の戦いを挑む。

ワイルド・スピード SKY MISSION」は全国公開中。

ワイルド・スピード コンプリート・ムービー・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード コンプリート・ムービー・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 最強アクションシリーズ『ワイルド・スピード』が特典ディスクを含む7枚組で登場!「ワイルド・スピード」「ワイルド・スピード×2」「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」「ワイルド・スピードMAX」「ワイルド・スピード MEGA MAX」「ワイルド・スピード EURO MISSION」の6作品を収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi