渡部秀、桜田通との初共演発言を撤回「仮面ライダーでガッツリ共演していた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月2日 > 渡部秀、桜田通との初共演発言を撤回「仮面ライダーでガッツリ共演していた」
メニュー

渡部秀、桜田通との初共演発言を撤回「仮面ライダーでガッツリ共演していた」

2016年4月2日 14:15

初共演ではなかった桜田通と渡部秀「シュウカツ」

初共演ではなかった桜田通と渡部秀
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 密室状態の会議室で究極の面接試験に挑む、就職活動生たちの運命をオムニバス形式で描いたサスペンス映画「シュウカツ」が4月2日、東京・キネカ大森で公開され、第4話「控え室」に主演した桜田通渡部秀、第2話「拡散」に主演した横浜流星、脚本も兼ねた千葉誠治監督が舞台挨拶に出席。フレッシュなキャスト陣は、劇中のリクルートスーツ姿で登壇した。

昨年12月に行われた完成披露試写会で、桜田とは初共演だと語っていた渡部だが「『仮面ライダー』でガッツリ共演していました」と発言を撤回。「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」でダブル主演しており、「40周年作品でやっていたのに、すっかり忘れていた。まだあまり仲良くない時期に撮ったから……」と弁明した。それでも、渡部は「モチを焼きました。一緒に買い物に行ったね」と当時の思い出を明かし、桜田から「仮面ライダーの舞台挨拶になっていますよ」と冷静にツッコミを入れられていた。

映画は、面接官により軟禁状態に置かれた学生たちが、内定を勝ち取るために苦闘する姿を描いた異色サスペンス。3人は各々の役どころに言及し、桜田が「流星くんは、作品中で一番ひょう変していたよね」と称賛すれば、横浜は「メリハリをつけようと考えていました」と胸を張る。さらに横浜は、「通くんの振り幅の大きい役はすごかった。感情の起伏が激しい」と最敬礼。悪役に挑戦した桜田は「ありがとうございます。普段はそういう人じゃないですよ!」と謙遜していた。

また、渡部は「昨日、うちの弟が入社式だったので、一瞬実家に帰省しました」といい、「2年ぶりくらいに会って、以前はゴボウみたいだったのに、今は大根みたいにたくましくなっていた。兄としては、もう涙ちょちょぎれる感じ」と目を細めた。続けて「『シュウカツ』はこのタイミングで、偶然だなと思った」としみじみ話すと、桜田は「やっぱり『秀が勝つ』(シュウカツ)なんだね」とユーモラスに祝福していた。

シュウカツ」は、2週間限定上映。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー[Blu-ray/ブルーレイ] オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 仮面ライダー生誕40周年記念作品。仮面ライダー1号・2号、オーズ、電王との競演や、ショッカーとオールライダー最後の対決など、時空を越えたスーパーバトルが展開!!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi