二階堂ふみ、石井岳龍監督の懇願により「赤い服もう少し着続ける」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月2日 > 二階堂ふみ、石井岳龍監督の懇願により「赤い服もう少し着続ける」
メニュー

二階堂ふみ、石井岳龍監督の懇願により「赤い服もう少し着続ける」

2016年4月2日 13:55

舞台挨拶に立った(左から)永瀬正敏、 高良健吾、二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子「蜜のあわれ」

舞台挨拶に立った(左から)永瀬正敏、
高良健吾、二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の二階堂ふみが4月2日、主演映画「蜜のあわれ」の公開記念舞台挨拶が行われた都内の劇場に登壇し、客席に向かって思い入れたっぷりに作品をアピールした。

同作は、4月1日に全国25スクリーンで公開。この日は二階堂をはじめ、メガホンをとった石井岳龍監督、共演の大杉漣真木よう子高良健吾永瀬正敏韓英恵渋川清彦が登壇した。大正期から昭和期に活躍した詩人・小説家の室生犀星が晩年に発表した小説の映画化で、二階堂は変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子に扮している。

それだけに、今作のプロモーション中は赤い衣装に身を包むことが多かった。だが、「今日で“赤おさめ”という気分です」と語ると、石井監督は「今日でおしまいではなく、あと1年くらい着て頂きたい。映画化これからが始まりなので」と懇願。笑みを浮かべた二階堂は、「ひとりでも多くの方に見て頂くために、赤をもう少し着続けようと思います」と場内のファンに誓った。

作家・芥川龍之介の幽霊を演じた高良は、「死ぬ役が多かったので、その後が出来て嬉しかった」とニッコリ。役作りは「芥川さんが動いている映像というのを見せてもらった。幽霊だけど、生きているようにやっていいかなと」と明かした。金魚売りの男役で出演した永瀬は、「金魚が主役の映画は世界で初なんじゃないか」と語り、二階堂の現場での存在感を絶賛した。

少女・赤子とに「おじさま」と呼ばれる老作家役を熱演した大杉は、石井監督との仕事を熱望してきただけに感無量の面持ち。「そんなに大きな公開(規模)じゃないんです。大きなバジェットでもありませんが、スタッフ、キャストの志がたくさん詰まった作品になったと思う」と自信のほどをうかがわせ、客席に深々と頭を下げていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi