ヘンリー・カビル、“神”と呼ばれる男スーパーマンの苦悩を明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月24日 > ヘンリー・カビル、“神”と呼ばれる男スーパーマンの苦悩を明かす
メニュー

ヘンリー・カビル、“神”と呼ばれる男スーパーマンの苦悩を明かす

2016年3月24日 06:00

スーパーマンを演じたヘンリー・カビル「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

スーパーマンを演じたヘンリー・カビル
(C)Sipa USA/amanaimages
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スーパーマン誕生の物語を描いた「マン・オブ・スティール」(2013)で主演を務めたヘンリー・カビルが、3月25日に公開される「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で再びスーパーマンとして戻ってくる。米ロサンゼルスのワーナー・ブラザーススタジオで映画.comの取材に応じたカビルが、“神”と呼ばれる男の苦悩、それを演じる面白みを語った。

マン・オブ・スティール」の続編、そしてDCコミックスのヒーローたちが世界観を共有する「DCフィルムズ・ユニバース」の第1作である「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で、スーパーマンはベン・アフレック演じるバットマンと対立することになる。そして物語は来年公開の「ジャスティス・リーグ パート1(原題)」へつながっていく。

カビルは、スーパーマンという役どころに「演じるのに申し分のないキャラクター」と敬意を払う。同時に「彼は希望と正義の模範のようなものだけれど、この映画のなかではまだ学びながら成長している過程にいる。すべての人を救おうと自分にとても重い責任を課し、今作でそれが不可能な課題だということを悟って、心を露呈することになるんだ」とスーパーマンが抱える苦悩を明かした。今作では、そんなスーパーマンが「間違いを犯し、それを通して成長して、何かを学んでいく姿を見つめる」ことになるという。

スーパーマンは人間の両親にクラーク・ケントとして育てられ、超人的な能力を隠して暮らしてきたものの、「マン・オブ・スティール」で自らが異星人カル=エルであることを知る。今作では記者として人間世界に溶け込むクラークと、人々を助けるスーパーマンとしての生活を両立させようようとするが、恋人ロイス・レイン(エイミー・アダムス)との関係が滞り始めてしまう。


画像2

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
[拡大画像]

「クラークは、ロイスを心から愛している。そして、自分がスーパーマンであることでロイスが苦しむのがとても辛いんだ。もちろん彼は2人の関係を終わらせたくないと思っているよ。安心できる場所のひとつだからね。でも同時にロイスを傷つけたくもない。人間としての幸せを求めつつも、それは自分には無用なことだと思おうとしているんだ。彼は人間になりたいと思うのと同じくらい、それは願ってはいけないことだと認めなければいけない」

この葛藤や正義感から、バットマンとの戦いが展開されていく。カビルは、これまで交わることのなかったバットマンの世界を共有したことを「とても楽しかった」と満面の笑みで振り返る。「映画について話を聞いた時、とても興奮したよ。映画でDCコミックスのさらに発展した世界へのドアが開かれるんだからね。ほかのキャラクターたちがスーパーマンから影響を受けたり、同じようにほかのキャラクターたちがスーパーマンに影響を与えたりしていくことを願うよ」

初共演となったアフレックには「素晴らしかった」と感服した様子。「長時間の撮影で本当に疲れているときでも、ベンは笑いのセンスで、現場を和ませてくれたんだ。また彼と一緒に仕事ができることを楽しみにしているよ」と「ジャスティス・リーグ パート1(原題)」での再会に期待を膨らませる。

さらに、バットマンと共演して嬉しかったことがもうひとつ。バットマンが使うガジェットの数々だ。「触ってみると楽しいし、バットマンはあんな素晴らしいものが使えて本当にラッキーだよ」と羨望の眼差しを向けるが、すぐに我に返ってお茶目な姿を見せてくれた。「でも僕はスーパーパワーを持っているからいいんだ。そのほうがずっと価値があるよね(笑)」

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、3月25日に日米同時公開。

(映画.com速報)
マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 地球をめぐり最強のヒーローと最凶の侵略者とのバトルを驚愕のスケールで描く、アクション・エンターテイメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi