「手塚治虫文化賞マンガ大賞」最終候補は「orange」「ちはやふる」「よつばと!」など7作品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月14日 > 「手塚治虫文化賞マンガ大賞」最終候補は「orange」「ちはやふる」「よつばと!」など7作品
メニュー

「手塚治虫文化賞マンガ大賞」最終候補は「orange」「ちはやふる」「よつばと!」など7作品

2016年3月14日 23:30

7作品の最終候補が発表された手塚治虫文化賞

7作品の最終候補が発表された手塚治虫文化賞
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1年を通じて最も優れた漫画作品に贈られる「第20回手塚治虫文化賞」マンガ大賞の最終候補作品が、このほど発表された。ノミネートされたのは高野苺氏の「orange」、野田サトル氏の「ゴールデンカムイ」、作画・谷口ジロー氏、原作・久住昌之氏の「孤独のグルメ」、末次由紀氏の「ちはやふる」、高浜寛氏の「蝶のみちゆき」、一ノ関圭氏の「鼻紙写楽」、あずまきよひこ氏の「よつばと!」の7作品。

いずれも人気作とあって映像化された作品が多く、書店員、漫画関係者の推薦で1位を獲得した「orange」は15年12月に土屋太鳳山崎賢人の出演による実写映画が公開され、テレビアニメ化も決定した。「ちはやふる」は2011、13年と2シーズンに渡ってテレビアニメ化され、3月から4月にかけて広瀬すず主演の実写映画2部作も公開。そして12年に松重豊主演でドラマ化された「孤独のグルメ」は、現在シーズン5まで製作されている。

手塚治虫文化賞は、日本の漫画文化の発展、向上に大きな役割を果たした手塚治虫氏の志を継いで漫画文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設。マンガ大賞をはじめ、清新な才能の作者に贈られる新生賞、短編や4コマ漫画が対象の短編賞、漫画文化の発展に寄与した個人、団体に贈られる特別賞の4部門が設けられている。20回目となる今年の選考委員は、作家・あさのあつこ氏、漫画家の里中満智子氏、学習院大学フランス語圏文化学科教授の中条省平氏、漫画編集者の中野晴行氏、漫画解説者の南信長氏、漫画家のみなもと太郎氏ら、そして社外選考委員として新たに加わった女優の杏が務める。

「第20回手塚治虫文化賞」は5月29日発表。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • デッドプールの評論 デッドプール 珍ヒーロー爆誕!超過激な“赤の旋風”が、正義の概念をこっぱみじんに破壊する。
  • FAKEの評論 FAKE 「佐村河内守」とは何者?映画の仕掛けた迷路に迷い込む、刺激と驚きの怪作
  • 神様メールの評論 神様メール シリアスなテーマもファンタジックに描く、幸せな驚きに溢れた作品
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

有限会社ミラクルヴォイス

やる気と体力、想像力のある方を募集しています!

職種(1)映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験者も可)(...

グロービジョン株式会社

アメリカ・ヨーロッパ・アジア全般の海外ドラマ/映画が大好きな方、言葉に興味...

職種(1)制作進行 (2)吹替版・字幕制作アシスタント業務
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi