羽生結弦、“殿さま”役で映画初出演!「殿、利息でござる!」で阿部サダヲらと共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月4日 > 羽生結弦、“殿さま”役で映画初出演!「殿、利息でござる!」で阿部サダヲらと共演
メニュー

羽生結弦、“殿さま”役で映画初出演!「殿、利息でござる!」で阿部サダヲらと共演

2016年2月4日 04:00

羽生結弦、氷上の王子様から仙台藩のお殿さまに「殿、利息でござる!」

羽生結弦、氷上の王子様から仙台藩のお殿さまに
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]フィギュアスケート男子シングル競技で現在世界ランキング1位の羽生結弦選手が、阿部サダヲ主演の映画「殿、利息でござる!」で銀幕デビューを果たしていることがわかった。羽生は、仙台藩第7代藩主・伊達重村を演じる。

羽生は「お芝居はスケートとは違って振りがなく、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです」と撮影を振り返る。「試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショーなどでも、表現者として今回の貴重な経験を生かすことができたのではないかと思っています」と語っており、本業のスケートにも影響を与えそうだ。

さらに、羽生の地元である宮城で起こった実話を基にした物語に驚いたと明かし、「殿さまとして、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください」と呼びかけている。

主演の阿部は、「殿役が誰か、なかなか明かされず、役者同士で色々予想をしてた」と極秘の出演であったことを告白し、「本来、殿さまを庶民が見てたら『頭が高い』と言われるんでしょうけど、もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました(笑)。キレイでした(笑)」とオーラに酔いしれた様子。「撮影当日まで(本人と)まったく会わず扮装がすべて終わって、現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらず、セリフも完璧に入っていて素晴らしかったです」と世界一のアスリートの演技を称賛している。

メガホンを取った中村義洋監督は、羽生の出演に「この伊達の殿さまは、今や仙台藩どころか日本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も未だにおののいている次第です」と夢見心地でコメントを寄せている。

殿、利息でござる!」は、磯田道史氏の著書「無私の日本人」の一編、年貢の取り立てで困窮する江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台にした実話「穀田屋十三郎」を原作に映画化。町の将来を案じた十三郎(阿部)と茶師・菅原屋篤平治(瑛太)ら9人の有志が、藩に金を貸し、利子を全住民に配る「宿場救済計画」で貧困から脱出しようと奔走するさまを描く。5月14日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi