「HKT48」指原莉乃、映画監督デビュー作公開に感無量「夢のよう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月29日 > 「HKT48」指原莉乃、映画監督デビュー作公開に感無量「夢のよう」
メニュー

「HKT48」指原莉乃、映画監督デビュー作公開に感無量「夢のよう」

2016年1月29日 17:00

映画監督デビューした指原莉乃「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」

映画監督デビューした指原莉乃
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 福岡・博多を拠点に活動するアイドルグループ「HKT48」初のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」が1月29日、全国22スクリーンで公開初日を迎え、映画監督デビューを飾った指原莉乃をはじめ、上野遥坂口理子兒玉遥田島芽瑠田中美久朝長美桜宮脇咲良矢吹奈子が東京・TOHOシネマズ日本橋での舞台挨拶に立った。

開口一番「キャントク(監督)の、指原です!」と挨拶した指原は、初監督作公開に「何カ月間か製作に励んだ作品を皆さんに見てもらえるのは、本当に夢のよう」と感無量の面持ち。映像素材の選定や編集作業に追われた日々を「大半が嫌な思いでした」と吐露しつつも、「早速Twitterとかで感想を頂いて、今は『やってよかった』と実感しております!」と晴れやかな笑顔を見せた。

撮影に入る前には、秋元康に作品の方向性をまとめたプレゼンテーションを行ったそうだが、指原は「『全部ダメ』と言われ、いちからになった時は本当に嫌で、(監督を)辞めようと思った」と振り返る。しかし「秋本さんにマイケル・ムーア監督作を見ろと言われた」ことで持ち直し、「それを見てやっと自分のなかでわかることができて、秋本さんはすごいと思った。私が考えたままのものだと全然面白くなかったんで、秋本さんにダメ出しをされて良かった」と改めて最敬礼だった。

また、今作でスポットライトを浴びる上野は、多くの苦労を味わってきただけに「どんなにつらいことや悔しいことがあっても、毎日あきらめずに努力していけば、見てくれる人は本当にいる」と号泣。声を絞りながら「こんな夢のような場所に立っていられるのも、本当にたくさんの方に支えられているからだと改めて感じました」と語る姿に、指原も「私も感動しちゃった」と胸打たれた。一方で指原は、「実は、映画のタイトルが『頑張れ上野遥』になりそうだった。秋本さんやみんなで案を出して、その候補の中にあったんですよ。それくらい印象的なシーンが多かったです」と明かし、客席を驚かせていた。

この日は、山本彩ら「NMB48」がサプライズで登壇。今月15日に行われたドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」の完成披露試写会では、HKT48の面々が乱入しており、意趣返しともいえる演出に観客は歓喜の声をあげた。壇上では、両グループのメンバーが公開初日を祝したくす玉割りを行っていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi