若尾文子映画祭再び、「しとやかな獣」は「一番難しかった、ちょっと変わった映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月26日 > 若尾文子映画祭再び、「しとやかな獣」は「一番難しかった、ちょっと変わった映画」
メニュー

若尾文子映画祭再び、「しとやかな獣」は「一番難しかった、ちょっと変わった映画」

2015年12月26日 17:30

舞台挨拶に立った若尾文子「しとやかな獣」

舞台挨拶に立った若尾文子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の若尾文子が12月26日、東京・角川シネマ新宿で開幕した「若尾文子映画祭 青春」のアンコール上映で、“オープニング作品”の「しとやかな獣」(1962)上映後に舞台挨拶を行った。

今年6~8月に出演作60本を特集する「若尾文子映画祭 青春」が同館など全国10スクリーンで開催され、興収3500円を記録。今回は初上映の「花嫁のため息」「四十八歳の抵抗」(ともに1956)など厳選された38本が上映される。

中でも、川島雄三監督の「しとやかな獣」は、「160本の映画に出ていますけれど、一番難しかった。自分らしくない役で、どうしていいか分からないところが随分あった。良くなかった気がするんですよね」という。それでも、「川島監督はとても自由にやらせてくださる方。ちょっと変わった映画でしょ。でも色気のある面白い映画」と振り返った。

ほかにも女優賞を総なめにした代表作「妻は告白する」(1961)などタッグを組むことが多かった増村保造監督については、「私にとって、ひときわいい刺激を与えてくださった方」と述懐。来年1月16日から開催される「生誕100年記念映画祭 市川崑 光と影の仕草」でも5本の出演作が上映されることになっており、その中の1本「ぼんち」(1960)での京マチ子越路吹雪らとの入浴シーンにふれ、「越路さんって歌を歌っている方で映画の人ではないから、一緒にお風呂に入っていてビックリしちゃった」と話し、会場の笑いを誘っていた。

しとやかな獣[DVD] しとやかな獣[DVD] 最安価格: ¥1,982 日本映画史に残る名作を世に送り出した川島雄三監督のエロティック・サスペンス。名女優・若尾文子を迎えて、知的でエロティックな謎の女を演じる。戦後の悪党たちの風刺を描き出す作品。
妻は告白する[DVD] 妻は告白する[DVD] 最安価格: ¥1,854 日本映画が最も輝いていた時代の銀幕のヒロイン、若尾文子の代表作。ロック・クライミング中の事故により、夫殺しの罪に問われた妻を描いた法廷サスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi