若尾文子、小津安二郎監督に思い馳せる「お嫁さんになりたいと思った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月27日 > 若尾文子、小津安二郎監督に思い馳せる「お嫁さんになりたいと思った」
メニュー

若尾文子、小津安二郎監督に思い馳せる「お嫁さんになりたいと思った」

2015年6月27日 15:45

小津安二郎監督への思いを語った若尾文子「青空娘」

小津安二郎監督への思いを語った若尾文子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する女優・若尾文子の代表作60作品を一挙上映する「若尾文子映画祭 青春」が6月27日、東京・角川シネマ新宿で開幕し、若尾が「青空娘」(1957)上映後の舞台挨拶に立った。

「20代の頃から何10年ぶり」という久々の舞台挨拶となった若尾。立ち見客も出た満席の場内から大きな拍手で迎え入れられ、「ありがたいことです」と笑顔をのぞかせた。

若尾は、今映画祭で上映予定の「浮草」(59)でタッグを組んだ、小津安二郎監督との思い出話に顔を輝かせ、「私、小津先生が大好きでね。いつも真っ白い帽子と、真っ白いシャツと、真っ白い靴を履いて、朝からお酒を飲んでいらっしゃった」と懐かしんだ。続けて「1番俳優が自由に動いているように見えて、実は一番がんじがらめにしている人です。だけどそれがそう見えない」と演出に最敬礼で、「大好きでした。私こういう人のお嫁さんになりたいと思ったことがあります」と大胆告白し、頬をゆるませていた。

この日上映されたのは、増村保造監督の「青空娘」。若尾は、「『青空娘』は増村さんがイタリア留学から帰って来てからの1作目。これはシンデレラなんですけど、逆に皆をやっつけてしまうという新しい感覚でお撮りになった。(演じていて)気持ちよかったですよ」とニッコリ。増村監督は溝口健二監督の助監督時代に若尾の教育係となり、その後20作品でタッグを組んだ。若尾は、20代後半で挑んだ2人の代表作「妻は告白する」(61)の撮影時を振り返り、「ここで大人として認められなきゃならないということで、覚悟してやったもの。台本を抱いて寝ていましたよ」と当時の思いを明かした。

最後に若尾は、今映画祭のタイトルでもある“青春”にちなみ、自らの青春ついて聞かれると、「ただひたすら映画とともにありました。私の青春なんてほかにはない。映画と撮影所が私の青春です」とキッパリ。映画に生きてきた大女優の貫録を見せていた。「若尾文子映画祭 青春」は8月14日まで、東京・角川シネマ新宿で開催。7月11日から大阪・シネ・ヌーヴォほか全国順次上映。

青空娘[DVD] 青空娘[DVD] 最安価格: ¥1,854 増村保造監督作、逆境にあいながらも明るく健気に生きる乙女の姿を描く。
妻は告白する[DVD] 妻は告白する[DVD] 最安価格: ¥1,854 日本映画が最も輝いていた時代の銀幕のヒロイン、若尾文子の代表作。ロック・クライミング中の事故により、夫殺しの罪に問われた妻を描いた法廷サスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi