インドの天才作曲家A.R.ラフマーン、日本でのライブ開催を希望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月31日 > インドの天才作曲家A.R.ラフマーン、日本でのライブ開催を希望
メニュー

インドの天才作曲家A.R.ラフマーン、日本でのライブ開催を希望

2015年10月31日 13:15

ウメーシュ・アグルワール監督「ジャイ・ホー A.R.ラフマーンの音世界」

ウメーシュ・アグルワール監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]インドの天才作曲家A.R.ラフマーンを追ったドキュメンタリー「ジャイ・ホー A.R.ラフマーンの音世界」が、第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で10月30日上映され、ウメーシュ・アグルワール監督がTOHOシネマズ六本木ヒルズでティーチインを行った。アグルワール監督が、ラフマーンから託された本作上映への喜びのコメントと「近いうちに日本でのライブを実現したいと思います」というメッセージを読み上げると、会場から大きな拍手が上がった。

1990年代から、インド映画音楽界で活躍してきたA.R.ラフマーンは、「スラムドッグ$ミリオネア」(09)で米アカデミー賞作曲賞・歌曲賞、ゴールデングローブ賞作曲賞を受賞し、インドを代表する音楽家として世界的な人気を誇る。インド南部のチェンナイに生まれ、9歳の時に音楽家の父と死別し、11歳からキーボード奏者として家計を支えた天才作曲家の音楽とその素顔に迫るドキュメンタリー。

アグルワール監督は、本作製作のきっかけを「私にとっては彼の人生の旅が音楽よりも興味深かった。一人の人間として、音楽や世界情勢を学んで、今日の彼がある」とラフマーンの人生に興味を持ったことだと話す。また、本作製作をラフマーンに申し込んでから7カ月間も返事を待ったというエピソードも披露した。

ラフマーンの数ある名曲の中で、アグルワール監督の一番心に響いたのはヒンドゥー映画「Jodhaa Akbar」の音楽だという。「インドには彼のほかにも素晴らしい音楽家がいるが、なぜラフマーンの音楽が世界中の人の心に触れるのかが不思議だった。普遍的でありながら、インドの息吹を失わないのが成功の鍵ではないか」と持論を語り、さらに「ラフマーンの音楽は自分との対話をさせてくれると同時に、そのビートは聞く人を別の世界に連れて行ってくれる。一人の音楽家の作品がこのような違いを持つのは珍しいこと」と語った。

東京国際映画祭は10月31日まで開催。

スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,071 アジア最大のスラム街・ムンバイで育ったジャマールは、世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で一夜にして億万長者のチャンスを掴んだ。しかし不正な疑いをかけられ、警察に連行されてしまう。逆境に負けることなく、愛と希望を手に運命を勝ち取っていく少年を描いたエンタテイメントムービー!第81回アカデミー賞で最多の8部門、第66回ゴールデングローブ賞で最多の4部門を受賞!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi