米ディズニー、アラスカで血清を運んだ伝説の犬ぞりリーダー犬の物語を実写映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月14日 > 米ディズニー、アラスカで血清を運んだ伝説の犬ぞりリーダー犬の物語を実写映画化
メニュー

米ディズニー、アラスカで血清を運んだ伝説の犬ぞりリーダー犬の物語を実写映画化

2015年10月14日 11:00

厳冬の地で活躍するアラスカの犬ぞり「バルト」

厳冬の地で活躍するアラスカの犬ぞり
写真:Landov/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、1925年の冬に米アラスカ州ノームでジフテリアが流行した際、血清を運んだ犬ぞりチームのリーダーであるヒーロー犬「トーゴー(Togo)」の実話を実写映画化すると、米Tracking Boardが報じた。

トーゴーたちの物語は、「1925 Serum Run to Nome(ノーム血清走行)」として知られる。当時、アラスカ州全域が激しいブリザードに見舞われていたため、飛行機で血清を運ぶことができず、代わりに20の犬ぞりチームが全長約1000キロの距離をリレーして無事に血清をノームの人々に届け、大勢の命を救った。

トーゴーは、最後から2番目のチームのリーダーで、全チーム中最も長く過酷な距離である146キロを走破したヒーロー犬として称えられている。なお、今回のプロジェクトはまだ初期段階にあり、スタッフやキャストは未定。

ちなみに、1996年のアニメーション映画「バルト」は、この同じ犬ぞりリレーの最後のチームのリーダーを務め、血清を町に持ち込んだことからヒーロー犬として最もよく知られているバルト(Balto)がモデルになっている。一般的にはバルトのほうが有名だが、真のヒーローはトーゴーだという人も多いようだ。

バルト[DVD] バルト[DVD] 最安価格: ¥991 ジフテリアに感染した子供たちの下にワクチンを届けるため、1000キロにも及ぶ困難な旅に挑む狼とハスキー犬のハーフ、バルトの姿を描いた動物アニメ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi