武田梨奈、過激なセリフをGoogle検索「とんでもない映像出てきた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月3日 > 武田梨奈、過激なセリフをGoogle検索「とんでもない映像出てきた」
メニュー

武田梨奈、過激なセリフをGoogle検索「とんでもない映像出てきた」

2015年10月3日 22:00

大胆な役柄に挑んだ武田梨奈ら「木屋町DARUMA」

大胆な役柄に挑んだ武田梨奈ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 遠藤憲一が四肢を失った男の壮絶な生きざまを演じる問題作「木屋町DARUMA」が10月3日、東京、京都、大阪、兵庫の4スクリーンで封切られ、遠藤をはじめ武田梨奈三浦誠己木下ほうか榊英雄監督が東京・渋谷シネパレスでの舞台挨拶に出席した。

映画は、裏社会系のライターとして活動する丸野裕行氏が12年にApp Storeでアプリとして発表した小説が原作。危険な内容から大手を含む複数の出版社から刊行を断られたという問題作だ。過激なセリフにも果敢に挑戦したという武田は、「私が知らないような言葉で、辞書にも書いていない。Googleで調べたらとんでもない映像がたくさん出てきた」と顔を赤らめた。会場が沸くなか、「(映像を)見ましたよ! ちょっとは……」とむくれてみせ、キュートな魅力を振りまいていた。

さらに、男性だらけの現場で「キャストの皆さんの名前を見てすごく興奮しましたけど、現場に入ると大人が全員怖く見えてしまいました」と本音を吐露。「顔なめられたりとか、初めてでした。ペロペロどころじゃない。台本には書いていなかったんですけど」と衝撃の演出を明かし、撮影時の苦労をにじませた。

しかしそんな武田を遠藤と木下が支えたといい、「遠藤さんはお父さん、ほうかさんはお母さん」とニッコリ。嬉しそうにほほ笑む遠藤とは対照的に、木下は「恋人だと思っていたんですけどね(笑)」ととぼけて会場の笑いを誘っていた。

四肢がない勝浦茂雄(遠藤)は、ハンデのある体で債務者の家に乗り込み、嫌がらせをして借金を回収するという捨て身の取り立て稼業で生計を立てていた。そんな勝浦の世話を命じられた坂本(三浦)は、勝浦の過去を調べてある真実を知る。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi