新映像配信サービス「ボノボ」、6社約300タイトルから提供スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月30日 > 新映像配信サービス「ボノボ」、6社約300タイトルから提供スタート
メニュー

新映像配信サービス「ボノボ」、6社約300タイトルから提供スタート

2015年9月30日 17:10

「bonobo(ボノボ)」ロゴ「ストロボ・エッジ」

「bonobo(ボノボ)」ロゴ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]映画やドラマ、アニメ、音楽など幅広いジャンルの映像作品が楽しめる、コンテンツホルダー直営型の新しい映像配信サービス「bonobo(ボノボ)」が、9月30日午前9時より提供をスタートした。

このサービスは都度課金型配信(TVOD&EST)で、作品1本から購入・レンタルでき、マルチデバイス/OS対応なので、テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴が可能(ただし現在、iPhone/iPad向け視聴用アプリケーションを準備中のため、iPhone/iPadでの視聴は不可)。

提供タイトルは、「ソロモンの偽証 前・後篇」「ストロボ・エッジ」「ドラゴンボールZ 復活の『F』」「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」「シンデレラ」「娚(おとこ)の一生」など、松竹、東宝、東映、KADOKAWA、ウォルト・ディズニー・ジャパン、TBSテレビの6社約300タイトルからスタートし、12月以降40社以上に拡大する予定。映画・アニメ会社、テレビ局などのスタジオ、チャンネル毎の専用ページを開設し、各ユーザーにあった映像作品との出会いを高める「レコメンド機能」により、それぞれのライフスタイルにあった映像作品を提案していく(12月以降)。

このサービスのプラットホームは、今年5月末に発足した映画・音楽・アニメ・テレビ番組などの全てのコンテンツに関わる消費者の利益と事業者の発展を目的とする任意団体「ジャパン・コンテンツ・グループ」(JCG)の活動の第一弾として事業運営するもので、NTTドコモグループのパケットビデオ・ジャパンがシステム運用パートナーとなり提供する。JCGには、日本映画製作者連盟、外国映画輸入配給協会、洋画メジャー各社、在京民放5局などから加盟参加企業が集い、参加企業を含む主要なコンテンツホルダーとの間にJCGが立ち、円滑な映像配信に向けて協議を行っていく。

この9月には、米大手インターネット映像配信サービス「Netflix」やAmazon.comが会員向け映像配信サービス「プライム・ビデオ」を日本でスタートさせるなど、デジタル映像配信の普及が加速し、様々なサービスが増えてきている中で、ボノボがどこまで提供タイトル、機能を拡充しユーザーにとって便利なサービスとなれるのか、今後の展開が注目される。

ストロボ・エッジ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] ストロボ・エッジ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,545 福士蒼汰と有村架純主演で映画化した青春純愛ストーリー。
娚の一生 ブルーレイ豪華盤[Blu-ray/ブルーレイ] 娚の一生 ブルーレイ豪華盤[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,618 西炯子の人気コミック・大人の女性のバイブル『娚の一生』が実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi