ファスビンダー監督の特集上映、猫沢エミ「監督が人間が大好きだというのが魅力」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月26日 > ファスビンダー監督の特集上映、猫沢エミ「監督が人間が大好きだというのが魅力」
メニュー

ファスビンダー監督の特集上映、猫沢エミ「監督が人間が大好きだというのが魅力」

2015年9月26日 16:19

ファスビンダー監督作品の魅力を語った猫沢エミ「マリア・ブラウンの結婚」

ファスビンダー監督作品の魅力を語った猫沢エミ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンスティチュ・フランセ東京で開催中のライナー・ベルナー・ファスビンダー監督の特集上映で9月25日「マリア・ブラウンの結婚」が上映され、ミュージシャンの猫沢エミがファスビンダー監督の作品について語った。

ファスビンダー生誕70周年を記念し「WEEKEND CINEMA vol.3 ファスビンダーと美しきヒロインたち」と題した上映イベントで、ニュー・ジャーマン・シネマの担い手として、戦後ドイツ映画界を牽引したファスビンダーが、女性を主人公にした「マルタ」(1975)、「マリア・ブラウンの結婚」(79)、「ローラ」(1981)の3作品を紹介する。

猫沢はフランス滞在中の2005年に、ポンピドゥー・センターで開催されたファスビンダーの回顧上映に通った際のエピソードを披露。老若男女様々な観客が集っていたそうで「どの作品も2時間前には行かないとチケットは売切れで、長蛇の列だった。ここまでファスビンダーが知られていることに驚き、やはりフランスでは映画が文化として浸透していて感動した」と述懐。37歳で死去するまでに、テレビ作品を含め生涯で60本以上を残したファスビンダーの作品の多様性を紹介した。

ファスビンダーの作風について「時代を経てしまったことへの違和感はあるかもしれないが、描かれていることは普遍的で、何よりも監督が人間が大好きだというのが魅力」と語る。監督自身の私的な背景も作品に投影されていると分析し、「バイセクシャルだったがそのことを売りにしているわけではなく、性差を問わず人間が好きで、ものすごくフラットに人を見ていた。(特集で上映された)3作品は女性側に寄った視点で描かれたと思う」と語った。

ファスビンダーがダグラス・サークから影響を受けていたことにも触れ、「サークのメロドラマは一般の観客を飽きさせない作風。ファスビンダーは一時期サークにのめり込んでいて、それはこの3作品にも貫かれており、映画は娯楽でなくてはいけないという思いがちゃんとあった」と説明。また、インタビュー集「ファスビンダー、ファスビンダーを語る」(boid刊)に収録されたエピソードを紹介しながら「私生活では破天荒な人だったが、人間に対しては、常人よりも常人的なまっとうなモラルがある、愛すべき人」と評した。

特集は27日まで。スケジュールは公式サイト(http://mermaidfilms.co.jp/beauties/)で告知する。

マリア・ブラウンの結婚[DVD] マリア・ブラウンの結婚[DVD] 最安価格: - ニュー・ジャーマン・シネマの担い手として、戦後ドイツ映画界を牽引したライナー・ベルナー・ファスビンダー監督が、その名を一躍世界に広めた代表作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi