「ゴーン・ガール」風の新作スリラー「ガール・オン・ザ・トレイン」、3人目のヒロインが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月1日 > 「ゴーン・ガール」風の新作スリラー「ガール・オン・ザ・トレイン」、3人目のヒロインが決定
メニュー

「ゴーン・ガール」風の新作スリラー「ガール・オン・ザ・トレイン」、3人目のヒロインが決定

2015年9月1日 19:00

米女優ヘイリー・ベネット「ガール・オン・ザ・トレイン」

米女優ヘイリー・ベネット
Photo by Dominique Charriau/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英作家ポーラ・ホーキンズの大ヒットデビュー小説「ガール・オン・ザ・トレイン」を映画化する新作に、米女優ヘイリー・ベネットが起用されたと米Deadlineが報じた。ベネットはアントワン・フークア監督「イコライザー 」に出演し、フークア監督の新作となるリメイク版「荒野の七人」にも出演している。

女性キャラクター3人の視点で物語が進行する原作「ガール・オン・ザ・トレイン」は、ギリアン・フリン著「ゴーン・ガール」タイプのスリラー。映画版ではエミリー・ブラント、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、そしてこのほど抜てきされたベネットが主演する。

ブラントが演じるのは、アルコール中毒で離婚し、仕事も失ったレイチェル役。レイチェルは電車の車窓から、彼女がかつて住んでいた家に暮らす幸せそうな夫婦を眺めるのが日課だが、ある朝、そこで衝撃的な出来事が起こるのを目撃する。ファーガソンが演じるのは、レイチェルの元夫トムと不倫の末に再婚したアナ役。ベネットは、レイチェルが毎日電車から観察していた女性メーガン役を演じる。満ち足りた結婚生活を送っているように見えたメーガンは、実は浮気しており、突如、行方不明になる。

米ドリームワークスとテイト・テイラー監督は現在、トム役を含む男性キャストを選考中で、映画は2016年に公開される。書籍「ガール・オン・ザ・トレイン」上下巻は、講談社文庫から10月15日発売予定。

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 男女の隠された欲望と真相を描く、衝撃のサイコロジカル・サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi