新ボンドガールはマフィアの未亡人&殺し屋の娘!ベルッチ&セドゥー&監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月15日 > 新ボンドガールはマフィアの未亡人&殺し屋の娘!ベルッチ&セドゥー&監督が語る
メニュー

新ボンドガールはマフィアの未亡人&殺し屋の娘!ベルッチ&セドゥー&監督が語る

2015年8月15日 11:30

「007 スペクター」のボンドガールは超豪華!「007 スペクター」

「007 スペクター」のボンドガールは超豪華!
(C)SPECTRE (C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.,
Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc.
All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ最新作「007 スペクター」でメガホンをとったサム・メンデス監督、ボンドガールとして出演する女優のモニカ・ベルッチレア・セドゥーのインタビュー&メイキング映像を収めた最新ビデオブログが公開され、ふたりが演じる役どころが明らかになった。

ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド4作目となる本作では、妖艶な美しさで“イタリアの宝石”と称されるベルッチと、「アデル、ブルーは熱い色」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したフランスの新鋭セドゥーという歴代ボンドガールのなかでも豪華な顔合わせが実現。前作「007 スカイフォール」から続投するメンデス監督は、「どちらのキャラクターもミステリアスだから、知的で演技に深みのある女優が必要だった」とキャスティングの理由を語っている。

50歳とは思えない美ぼうを誇るベルッチは、シリーズ最高齢のボンドガールとなった。マフィアの夫を殺された未亡人ルチア・スキアを演じており、「自身にも同じ危険が迫っています」と役どころを説明。さらに、喪服姿でボンドと親密そうに話し込む様子がとらえられており、ふたりが繰り広げるムード満点の大人の恋愛に期待が高まる。

一方のセドゥーが演じるもうひとりのボンドガールは、医師マドレーヌ・スワン。「007 カジノ・ロワイヤル」「007 慰めの報酬」に登場した敵対組織の一員であるミスター・ホワイトの娘だ。メンデス監督は「とても重要な役柄で新人には任せられません。レアは完璧です」と絶大な信頼を寄せており、セドゥーも「優れた俳優や監督と仕事ができるのは、最高の冒険なのです」とコメントを寄せた。

少年時代を過ごした邸宅から発見された写真に隠された謎を解き明かすため、ジェームズ・ボンド(クレイグ)はMI6を率いるM(レイフ・ファインズ)の制止を振り切り単独でメキシコ、イタリアへと赴く。そしてローマで美しい未亡人ルチア・スキア(ベルッチ)と出会ったことから、悪の組織スペクターの存在を突き止める。

その頃ロンドンでは、国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ(アンドリュー・スコット)がMI6の存在意義に疑問を抱き始めていた。ボンドはひそかにマネーペニー(ナオミ・ハリス)やQ(ベン・ウィショー)の協力を得ながら、かつての敵ミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)の娘マドレーヌ・スワン(セドゥー)を追う。死闘を繰り広げスペクターの核心へと近づいていくボンドだが、追い続けてきた敵と自分自身との恐るべき関係を知る。

007 スペクター」は12月4日から東京・TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開。

アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,915 2013年・第66回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。
007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ただひとり愛した“運命の女”の死に隠された危険な陰謀。その復讐の果てに辿り着く、運命の報酬とは何なのか…。イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズより、第22作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi