千葉雄大、中学時代はアナウンサー志望だった : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月12日 > 千葉雄大、中学時代はアナウンサー志望だった
メニュー

千葉雄大、中学時代はアナウンサー志望だった

2015年8月12日 16:47

トークイベントに出席した千葉雄大と山本美月「Mr.マックスマン」

トークイベントに出席した千葉雄大と山本美月
[拡大画像]

[映画.com ニュース]千葉雄大主演の特撮ヒーローアクション「Mr.マックスマン」のトークイベントが8月12日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、千葉をはじめ、共演の山本美月永瀬匡久保田悠来青木玄徳丸山敦史、なだぎ武が出席した。

“史上最弱のヒーロー”が主人公の異色アクション。ドジばかりでうだつのあがらないテレビ局アナウンサー・谷口正義(千葉)が、驚異的なパワーが身につく特殊なメガネを手にしたことから、正義の味方として活躍する姿を描く。主演の千葉、ヒロインの山本をはじめ、鈴木杏樹、要潤、田辺誠一らが出演する。

千葉と山本は本作が2度目の共演。正義が思いを寄せる同僚で幼なじみの祐子を演じた山本は、「現場では、千葉くんはまったりとしている。すごいしゃべるわけじゃないけど、居心地がいい人」とその人柄を明かすと、千葉は「よく癒されるとか、マイナスイオンが出てるって言われます」とはにかんだ。

初のアナウンサー役に挑戦した感想を聞かれると、千葉は「中学の時になりたい職業がアナウンサーだったので、嬉しかったです」とニッコリ。一方の山本は、「普段使わない言葉が多かったので、大変でした」と役づくりの苦労を語った。

撮影時を振り返った千葉は、「久保田くんは、すごくアドリブが多かった」とうらみ節。一方の久保田は、「千葉くんの笑顔が見たかったので、つい」とすかさずフォロー。さらに、撮影前日に出演が決まったというなだぎも、「セリフを覚えるだけでも大変なのに、雄大くんがアドリブを入れてくるので大変でした。でも、雄大くんの笑顔が見たいから頑張ってアドリブに応えました!」とたたみかけると、永瀬も「みんな千葉くんの笑顔が見たいんです」と応じた。

Mr.マックスマン」は、10月17日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi