スパイク・リー監督の新作がアマゾンのオリジナル映画第1弾に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月22日 > スパイク・リー監督の新作がアマゾンのオリジナル映画第1弾に
メニュー

スパイク・リー監督の新作がアマゾンのオリジナル映画第1弾に

2015年7月22日 23:45

スパイク・リー監督「女の平和」

スパイク・リー監督
Photo by Amanda Edwards/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アマゾン・スタジオがスパイク・リーの新作でオリジナル映画事業に参入することが明らかになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

アマゾンのストリーミング動画サービス向けにドラマ制作を行う同社は、スパイク・リー監督の新作映画「Chi-Raq」で映画制作に参入。もともとは2016年のカンヌ国際映画祭で同作をプレミア上映する予定だったが、作品の仕上がりに満足した同社はアカデミー候補作として年内のアメリカ国内での上映を決定したという。劇場公開を終えてから比較的早い時期に、アマゾン・プライム会員向けにストリーミング配信されることになる。

「Chi-Raq」は古代ギリシャの喜劇「女の平和」を現代的にアレンジしたもので、黒人同士の銃暴力が過熱する米シカゴを舞台に、女性たちが争いの終結を求めてセックス・ストライキを行うというストーリー。主演は「MAD MEN マッドメン」の黒人秘書ドーン役で知られるテヨナ・パリスで、ウエズリー・スナイプス、アンジェラ・バセットサミュエル・L・ジャクソンらが出演。ちなみに、タイトルはシカゴとイラクを掛け合わせた造語だという。

アマゾンの映像部門は、制作費500万ドルから2500万ドルの程度の小中規模作品を年間12本程度公開する目標を掲げており、エリビス・プレスリーとリチャード・ニクソン大統領を描く「エルビス&ニクソン(原題)」、テリー・ギリアム監督作「ドンキ・ホーテを殺した男(原題)」などが準備中だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi