原発テロに立ち向かうすべはあるのか?「天空の蜂」緊迫シーン連続の予告編公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月15日 > 原発テロに立ち向かうすべはあるのか?「天空の蜂」緊迫シーン連続の予告編公開!
メニュー

原発テロに立ち向かうすべはあるのか?「天空の蜂」緊迫シーン連続の予告編公開!

2015年7月15日 13:00

江口と本木が演技対決!「天空の蜂」

江口と本木が演技対決!
(C)2015「天空の蜂」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東野圭吾氏の人気小説を、「20世紀少年」「SPEC」「トリック」シリーズの堤幸彦監督が江口洋介主演で映画化した「天空の蜂」の迫力あふれる予告編が、このほど公開された。

映画の舞台は1995年。最新鋭の超巨大ヘリコプター「ビッグB」が、謎の人物「天空の蜂」に遠隔操作で乗っ取られ、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止するという事態が発生する。犯人は、ビッグBの燃料が切れて新陽に墜落するまでの8時間以内に、国内すべての原発を廃棄するよう要求。開発者の湯原(江口)は、旧知の仲である原発の設計士・三島(本木雅弘)らと共に、事件解決に奔走する。

予告編では、銀色に光るビッグBがごう音と共に飛び立つシーンをバックに、テロリスト役の綾野剛が「関係者各位。自衛隊ヘリ『ビッグB』を奪った」と犯行声明を読み上げる。突然のビッグBの襲来に原発の作業員たちが慌てふためくなか、綾野が不敵に笑い、これから始まる計画の恐ろしさを予感させる。続いて、新陽に駆けつけた三島が、日本地図の関東から広島県あたりまでをペンで囲み「(ビッグBが墜落して原発から放射能がもれた場合)日本は数百年、ここを捨てることになるかもしれません」と事態の深刻さを語る。

予告編の後半では、ヘリでビッグBに近づき、機内に取り残された湯原の息子を救おうとする自衛隊員や、テロリストや共犯者を追う警察官の姿、さらに湯原が三島に銃を向けるという衝撃的なシーンが描かれ、見る者の期待感を存分にあおる内容となっている。そしてラストは、「俺は蜂に刺されるまでは戦い抜くからな」と宣言し、ヘリに乗り込んだ湯原が、ビッグBに向かっていくシーンで幕を閉じる。なお、予告編の後半では、秦基博が歌う映画主題歌「Q&A」も流れ、9月9日発売の同曲をいち早く聞くことができる。

天空の蜂」は9月12日から全国公開。仲間由紀恵國村隼柄本明らが脇を固める。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi