洋画VS邦画! 映画宣伝マンたちがプレゼン対決で夏の新作をPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月2日 > 洋画VS邦画! 映画宣伝マンたちがプレゼン対決で夏の新作をPR
メニュー

洋画VS邦画! 映画宣伝マンたちがプレゼン対決で夏の新作をPR

2015年7月2日 23:20

映画配給会社の宣伝マンたちが今夏公開の自信作をPR「ターミネーター:新起動 ジェニシス」

映画配給会社の宣伝マンたちが今夏公開の自信作をPR
[拡大画像]

[映画.com ニュース]洋画と邦画、どちらが魅力的かを決める「第1回イオンシネマグランプリ」が7月2日、都内で行われ、各映画配給会社の宣伝マンたちが今夏公開の自信作を持ち寄り、プレゼン対決を繰り広げた。

本イベントは、全国81の劇場を展開するイオンエンターテイメントの、誕生2周年を記念した企画「洋画VS邦画 夏のシネマバトルキャンペーン」のひとつとして開催。「幕張新都心のイオンに、(妻の)丸岡いずみとよく行く」という映画コメンテーター・有村昆が審査員を務め、「今までは邦画が強かったんですが、今年は洋画がすごく調子がいい! どちらが強いのか、ガチンコのプレゼンで対決していきますので、非常に気になりますね!」と期待を寄せた。

優勝作品にはイオンエンターテイメントから宣伝枠が贈られるというだけに、宣伝マンたちはし烈なPR合戦を展開。「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ」「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」「ブラフマン」「脳漿炸裂ガール」「ミニオンズ」「ジュラシック・ワールド」「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」「ターミネーター:新起動 ジェニシス」の8作品が紹介された。

そして結果は、アーノルド・シュワルツェネッガーが約12年ぶりにシリーズ復帰した洋画「ターミネーター:新起動 ジェニシス」が栄冠に輝いた。プレゼンでは宣伝担当者が、同作の予告編を上映するため場内が暗転した隙に白髪に変身し、年老いたシュワルツェネッガーを再現してみせ、観客を驚かせていた。

勝負の決め手を聞かれた有村は、「(劇中で)シュワちゃんの30年後を描くという意味で、まさか予告編が終わった後にシュワちゃんの30年後に扮するというところにやられましたね。それこそがプレゼンの醍醐味で、一瞬にして映画の世界観をわからせてくれるのは、あっと驚くアイデアでした」と絶賛。そして宣伝マンたちの奮闘を称え、「プレゼンから映画を見るというのは、新しいなと思った。新たなプレゼンバトルNo.1、『P-1バトル』みたいなものもできるんじゃないでしょうか」と目を輝かせていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi