Netflix Japanが日本市場の戦略や配信システム“新しい視聴体験”を説明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月18日 > Netflix Japanが日本市場の戦略や配信システム“新しい視聴体験”を説明
メニュー

Netflix Japanが日本市場の戦略や配信システム“新しい視聴体験”を説明

2015年6月18日 16:25

グレッグ・ピーターズ社長(右)と大崎貴之副社長「デアデビル」

グレッグ・ピーターズ社長(右)と大崎貴之副社長
[拡大画像]

[映画.com ニュース]今秋に日本でサービス開始を予定している、世界最大のインターネット映像配信ネットワークを提供するNetflixの日本法人Netflix Japanが、東京・南青山に新設したオフィスで、日本戦略についてのプレゼンテーションを行い、グレッグ・ピーターズ社長、大崎貴之副社長らが登壇した。

Netflixの会員数は5月現在、世界50カ国で6200万人以上を誇る。ハリウッドや日本の大作をはじめ、世界中の高品質な映画、テレビドラマ、ドキュメンタリー、コメディ、さらに独自に製作したオリジナル映画、ドラマ作品を低料金の月額定額制(見放題)で提供。HDや4Kなど高品質画像で視聴することができる。

日本でのサービス開始に向けて、日本の映画やテレビドラマに加え、すでに発表されている通り、Netflixが独自に製作した「マルコ・ポーロ」、ウォシャウスキー姉弟が制作したSFアクション大作「センス・エイト」、マーベル原作の「デアデビル」、レオナルド・ディカプリオが製作総指揮を務め、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた「ビルガ」など、多くのオリジナルコンテンツも配信する予定。

日本市場の戦略、グローバルビジョンについて説明したグレッグ社長は、「世界配信されるコンテンツが、視聴者ごとにパーソナライズされ、レコメンド(おすすめ)されるので、自分でコントロールし、発見しながら楽しむことができる。Netflixでしか見られないコンテンツとともに新しい視聴体験を提供する。日本市場の特徴として、ローカルコンテンツへの興味が高いので、視聴者の期待に応えていきたい」と抱負を語った。

そのローカルオリジナルコンテンツの制作・配信について大崎副社長は、「我々のカルチャーである“フリーダム(自由)&レスポンシビリティ(責任)”のもと、視聴者の自由はもちろん、クリエイターの“自由”を信じてオリジナル作品を作っていくことが大事。日本のアニメは宝であり、ドラマシリーズもこれまでの制限を取り払って、1つの壮大な映画を作るように、世界に向けてビジョンを共有しながら制作していきたい」とし、10年先、20年先を見据えて日本のクリエイターたちと話し合っていることを明かした。

また、Netflixが持つテクノロジー、配信システムについて、対応テレビでのデモンストレーションを交えながら説明が行われた。6年前から東芝、パナソニックといった主要家電メーカーと交渉を続け、日本での視聴環境を整備し、あらゆるデバイスで視聴が可能となる。すでに発売済みの2K、4K対応テレビに加え、これから発売されるすべてのテレビやブルーレイ機器にはわかりやすくNetflixアイコンが画面表示され、押せばNetflixが立ち上がるボタンもリモコンに付く。直感的なユーザーインターフェースを実現し、説明しなくても視聴の仕方がわかるという。さらに、独自のアルゴリズムが視聴者の好みを学習しコンテンツをおすすめしてくれて、スムーズに視聴できるように視聴環境に画質を合わせながら配信してくれるシステムは革新的だ。テレビシリーズも一気に全話を視聴することも可能となる。

日本での月額定額料金やサービス開始時のコンテンツ本数については、引き続き調整中ということで、この日も明らかにされなかったが、前日の17日にはフジテレビとオリジナルコンテンツの制作合意を発表しており、サービス開始までにパートナーやコンテンツなどについて順次発表していくとしている。

デアデビル/ディレクターズ・カット[Blu-ray/ブルーレイ] デアデビル/ディレクターズ・カット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 昼は盲目の弁護士だが、夜は悪を倒す正義のヒーロー“デアデビル”の活躍を描いたマーヴェル・コミックが原作のアクション作品30分以上の未公開シーンを追加したディレクターズ・カット・バージョン。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi