カリスマ美容師演じた白石隼也、ハサミ扱いに難儀「手を何度も切りました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月12日 > カリスマ美容師演じた白石隼也、ハサミ扱いに難儀「手を何度も切りました」
メニュー

カリスマ美容師演じた白石隼也、ハサミ扱いに難儀「手を何度も切りました」

2015年5月12日 21:30

舞台挨拶に立った白石隼也、夏菜ら「鏡の中の笑顔たち」

舞台挨拶に立った白石隼也、夏菜ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「仮面ライダーウィザード」で注目を集めた俳優・白石隼也が主演した映画「鏡の中の笑顔たち」の完成披露試写会が5月12日、都内で行われ、白石をはじめ共演の夏菜中尾明慶喜多一郎監督が舞台挨拶に立った。

失意のまま故郷に戻ったカリスマ美容師・井上遼(白石)が、病院での訪問美容や同僚・高橋まり(夏菜)との交流を経て、成長と再生を遂げる姿を描く。一人前になるまで5年はかかるという美容師役に挑んだ白石は、「鋭利なハサミが高価なもので、手を何度も切りました。それくらい鋭いもので、練習もせずに髪を切るというのは大変でした」と苦労を吐露。実際に髪を切るひと幕があるそうで、「ワンテイクで決めなければならなくて、緊張しましたね」と明かした。

さらに、所属事務所の先輩でもある中尾について「優しい先輩です」とニッコリ。ロケ地の北海道・札幌では「高価な回らないお寿司をおごっていただきました。ありがとうございました」と感謝すると、中尾は「みんなの前で言うなよ。いいよ、いいよ」と謙そんしながらも、まんざらでもない様子だった。

札幌での撮影のエピソードを聞かれると、白石は「岬でのシーンがあるんですが、そこでは雪が1メートルくらい積もっていて、監督いわく体感マイナス40度でした」と説明。夏菜が「めちゃくちゃ寒かったですよね、中尾さん!」と水を向けると、中尾は「(自身は)喫茶店のシーンしか出ていなくて、僕の体感はプラス18度くらいで、ものすごく快適な撮影の思い出しかない」としどろもどろで答えた。そして、「それを知ったうえで(その振りは)本当に悪意がありますよ! 今日、家帰って鏡見たら笑顔ないですからね」と悲鳴を上げ、会場を沸かせていた。

また壇上では、白石と夏菜が、中尾にハンドマッサージをサプライズプレゼント。喜多監督が「映画の中でハンドケアをやるシーンがあるんですが、(観客の)皆さんまだ見ていないから何のことかさっぱりわからない」とツッコミを入れ、夏菜も「シュールです」と評すと、会場は爆笑に包まれた。「鏡の中の笑顔たち」は、5月30日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi