岡田将生、“おじさん化”を実感? 「大人になってきちゃったのかな」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月7日 > 岡田将生、“おじさん化”を実感? 「大人になってきちゃったのかな」
メニュー

岡田将生、“おじさん化”を実感? 「大人になってきちゃったのかな」

2015年4月7日 20:26

岡田将生、25歳で早くもおじさん化!?「ストレイヤーズ・クロニクル」

岡田将生、25歳で早くもおじさん化!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田将生主演、実力派若手キャスト共演で、本多孝好氏のベストセラー小説を実写映画化する「ストレイヤーズ・クロニクル」が4月7日、東京・新宿ピカデリーで女子高生限定試写会を実施。岡田をはじめ、成海璃子松岡茉優白石隼也高月彩良清水尋也鈴木伸之柳俊太郎瀬戸利樹黒島結菜が舞台挨拶に立った。

この日の舞台挨拶は10人のうち4人が10代というフレッシュな顔ぶれがそろった。「この春始めたいこと」について、「昨日高校生になって、学校に携帯(電話)を持っていける」(清水)、「制服を着られるのがあと1年なので、制服ディズニーしたい」(高月)という話が飛び交うなか、現在25歳で最年長の岡田は「僕はゴルフかな……。おじさんか!(笑)」とひとりツッコミをし、「みんなと違いすぎる」とうつむいていた。

また、観客の女子高生から寄せられた「今応援しているものはありますか?」という質問に成海や高月がフィギュアスケート選手の「羽生結弦選手が大好き」と声を弾ませる横で、岡田は「広島カープの黒田(博樹)さん」とボソッと回答。「応援しているというか、男気というか、ずっと見てしまいます」と話したあと、会場を静まらせてしまったことに気が付き「俺だけコメントがちょっと違いますよね!? 大人になってきちゃったのかな?」と苦笑いで会場の笑いを誘っていた。

さらに、松岡に「(岡田は)1番女子高生が『わー!』ってなる人じゃないですか。なのにさっきからシーンとさせて! 誰も反応してないですよ!」と喝を入れられると、「松岡さんけっこう厳しい(笑)」と困り顔。それでも「(松岡が)今日すごいしゃべってくれるなあと思って内心嬉しかったです」と笑顔でかわし、“大人の余裕”を見せつけていた。

ストレイヤーズ・クロニクル」は、脳内ホルモンの操作によって異常進化を促す実験、遺伝子操作で動物や昆虫の能力を持たせる実験が秘密裏に行われ、特殊能力を持つ2組の子どもたちが戦いを繰り広げる様子が描かれる。能力の代償として精神崩壊の危険や、短い命を運命付けられている子どもたちのうち、希望を信じ未来のため力を使おうとする昴(岡田)らと、絶望にとらわれ世界の破壊を目論むようになる学(染谷将太)らのチームは対立を深めていく。6月27日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi