米コカ・コーラ社「ニューコーク」発売と失敗の舞台裏が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月7日 > 米コカ・コーラ社「ニューコーク」発売と失敗の舞台裏が映画化
メニュー

米コカ・コーラ社「ニューコーク」発売と失敗の舞台裏が映画化

2015年5月7日 11:30

「ゾンビランド」の脚本家コンビ レット・リースとポール・ワーニック「ゾンビランド」

「ゾンビランド」の脚本家コンビ
レット・リースとポール・ワーニック
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1980年代なかば、ライバルのペプシ社との競争に打ち勝とうと、米コカ・コーラ社が打ち出した「ニューコーク」の誕生と失敗の舞台裏が、映画化されることになった。

トマス・オリバーのノンフィクション「The Real Coke, The Real Story」(邦題「コカ・コーラの英断と誤算」)を映画化するもの。米Deadlineによれば、「ゾンビランド」の脚本家コンビ、レット・リースポール・ワーニックが自ら同書の権利を獲得し、プロデュースと脚色を手がけるという。

1985年4月、ペプシとコークの公開飲み比べキャンペーン「ペプシ・チャレンジ」を成功させたライバルに危機感を覚えたコカ・コーラ社は、従来のコークの販売を停止し、オリジナルよりも甘い「ニューコーク」を発売した(ペプシは甘みが強かったため)。ところが発売直後から、オリジナルコークに愛着を感じていた消費者の大反発を受け、わずか3カ月後には、オリジナルを「コカ・コーラクラシック」として復活するはめになる。この「ニューコーク事件」は、企業戦略の有名な失敗例のひとつとして知られている。

ゾンビランド[Blu-ray/ブルーレイ] ゾンビランド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 人類の大半が人食いゾンビと化した世界を舞台に、引きこもり青年がゾンビのいない地を求めて仲間たちとサバイバルの旅をするホラー・コメディー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi