森山未來、イスラエル留学後初のドラマ主演!「煙霞」で高畑充希と共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月25日 > 森山未來、イスラエル留学後初のドラマ主演!「煙霞」で高畑充希と共演
メニュー

森山未來、イスラエル留学後初のドラマ主演!「煙霞」で高畑充希と共演

2015年4月25日 06:00

直木賞作家・黒川博行氏の小説をオール関西キャストでドラマ化

直木賞作家・黒川博行氏の小説をオール関西キャストでドラマ化
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の森山未來が、WOWOWの土曜オリジナルドラマ「煙霞 Gold Rush」に主演することが決定した。2013年10月から1年間、文化庁の文化交流大使としてイスラエルのダンスカンパニーを拠点に活動していた森山にとって、帰国後初の映像作品への出演となる。

兵庫出身の森山をはじめ、大阪出身の高畑充希ら、主要キャスト・スタッフはオール関西出身。大阪在住の直木賞作家・黒川博行氏の小説「煙霞」をドラマ化する痛快アクションサスペンスで、乱脈経営の私立学校の実態を背景に、登場人物たちが巨額の金塊を奪い合いながら大阪―神戸を疾走する。

イスラエル滞在中はカメラの前に立つことがなかったことから、「今はカメラを向けられていることに慣れていないというか……」と切り出した森山だが、「1年間ずっと舞台をやってきて映像からは離れていましたが、海外で才能あふれる人や魅力的な人たちとご一緒できたのは、至福の時間でしたし、ガッツリぶつかるというのは、どこにいても一緒」と現在の心境を語る。自身が演じる女子高の美術講師・熊谷については、「キャラクター的にパコッとはまりきったキャラクターではないので、役にその感覚がうまく反映されたら面白いのかなと思います」と話している。

大阪の私立女子高校に勤務する美術講師の熊谷(森山)は、給料が正教員よりも3割少ないというしがない立場。ある日、破天荒な言動で学校からにらまれている音楽教師の菜穂子(高畑)と体育講師の小山田(尾上寛之)から、学校経営を私物化している理事長の酒井(桂文珍)に不正の証拠を突きつけ、自分たちの保身を図ろうと持ちかけられる。思い切って酒井の愛人・朱美(中村ゆり)のマンションに乗り込むが、その後酒井と朱美は行方不明に。ふたりは教育コンサルタントを名乗る箕輪(木下ほうか)と中尾(木村祐一)に誘拐されたと思われたが、熊谷と菜穂子は訳もわからぬうちに、酒井の隠し財産である巨額の金塊を奪う計画に巻き込まれてしまう。

メガホンをとる大阪出身の小林聖太郎監督に対し、森山は「話が常に横にそれる、余談ばっかりみたいな方なんですよ(笑)」と言いつつ、そこから作品のイメージが膨らんでいくことに期待を寄せる。一方、兵庫出身の江頭美智留が執筆した脚本を、「言葉数が多いな、と思いました(笑)」というのは高畑。「みんなずーっとしゃべっていて、これがうまくいったらすごくテンポ感のある、どんどん乗っていける作品になるんだろうなとワクワクしてます」と撮影を心待ちにしているようだ。

原作者の黒川氏から「適役」とお墨付きをもらった森山は、「コン・ゲーム的なシリアスな部分や、大阪のちょっと柔らかい、でもちょっと影がある不思議なごっちゃな空気をない交ぜにしながら『煙霞 Gold Rush』というドラマはすごく面白い作品になると思います。ダラダラやってんなあと見せかけといて、気が付いたらフッとストーリーに引き込まれている、というような面白い作品になればいいなと思っています」と意気込みを語った。

連続ドラマW「煙霞 Gold Rush」は7月放送予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi