三池崇史監督×市原隼人「極道大戦争」ヤクザだらけの予告編完成! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月16日 > 三池崇史監督×市原隼人「極道大戦争」ヤクザだらけの予告編完成!
メニュー

三池崇史監督×市原隼人「極道大戦争」ヤクザだらけの予告編完成!

2015年4月16日 10:05

ヤクザバンパイアにかまれた人間はみんなヤクザ化!「極道大戦争」

ヤクザバンパイアにかまれた人間はみんなヤクザ化!
(C) 2015「極道大戦争」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三池崇史監督×市原隼人主演の映画「極道大戦争」の予告編とポスタービジュアルが完成し、登場人物のほぼ全員がヤクザ化してしまうという三池ワールド全開な本作の一部が明らかになった。

三池監督の得意なヤクザ映画にバンパイアという異色の要素を加え、さらに三池流ブラックユーモアを散りばめた完全オリジナルストーリーのエンタテインメント大作。主人公で入れ墨に憧れる敏感肌のヤクザを市原が演じ、ヒロイン役に成海璃子、組長役にリリー・フランキー、若頭役に高島礼子を起用。さらに、青柳翔(劇団EXILE)、渋川清彦優希美青でんでんらが、それぞれの個性を生かしたヤクザ演技を披露するほか、インドネシア発のバイオレンス映画「ザ・レイド」シリーズのヤヤン・ルヒアンが参戦する。

このほど公開された予告編では、実はヤクザバンパイアだった親分・神浦(リリー)の血を受け継ぎ、ヤクザバンパイアとなった主人公の影山(市原)が、カタギの人間をかんでしまったことで平和だった商店街に“ヤクザ感染”が拡大。夫婦ヤクザ、女子高生ヤクザ、看護師ヤクザといった“カタギ・ヤクザ”が、影山を筆頭とした“リアル・ヤクザ”と死闘を繰り広げるさまがハイテンションで描かれており、謎の刺客“KAERUくん”も異彩を放つ。主題歌を担当するロックバンド「KNOCK OUT MONKEY」が本作のために書き下ろした新曲「Bite」も、型破りな本作の世界観を盛り上げている。

主演を務める市原は、「脚本をめくり終わった瞬間、『なんだ、これはっ! こんなぶっ飛んだ作品は初めてだ!』と思いました」と、その衝撃を告白。アクションシーンに備えて肉体改造を行っており、「現場をフルで楽しめるように、心と体の準備を万全にして挑みました」と気合い十分で撮影に挑んだ。見どころのひとつである、ヤヤン扮する“狂犬”との対決シーンでは、クランクイン前に来日したヤヤンとともにトレーニングを行い、撮影前に数回手合せをしたことで、迫力のあるアクションが実現したという。

本作を自身の原点回帰と位置づける三池監督は、「『極道大戦争』を見て「えっ、なんだこれ!」「こんな映画作って怒られないんだ!」って思ってもらえると、この映画も役に立ったと言えるかな(笑)。こういう作品を好きで観てくれる人たちには本当に楽しんでもらいたいと思いますし、特に若い人たちや子どもたちに見て欲しいと思っています」とコメント。「何十年か経って苦しいことがあった時に、『極道大戦争』の市原隼人だったら、こんな時はこうするんだよね、って思い出してもらいたいですね」と語っている。

極道大戦争」は、6月20日から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi