「ソロモンの偽証」成島出監督、藤野涼子&板垣瑞生の演技力最下位からの成長を称賛! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月6日 > 「ソロモンの偽証」成島出監督、藤野涼子&板垣瑞生の演技力最下位からの成長を称賛!
メニュー

「ソロモンの偽証」成島出監督、藤野涼子&板垣瑞生の演技力最下位からの成長を称賛!

2015年4月6日 18:30

登壇した(左から)成島出監督、藤野涼子、板垣瑞生「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

登壇した(左から)成島出監督、藤野涼子、板垣瑞生
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 宮部みゆきのベストセラー小説を2部作で映画化した完結編「ソロモンの偽証 後篇・裁判」の先行上映が4月5日、都内で行われ、主演の藤野涼子、共演の板垣瑞生成島出監督が舞台挨拶に出席した。

ある雪の日に見つかった男子中学生の遺体。警察は自殺と断定するが、殺人事件だとする告発文により事態は一変する。「前篇・事件」に続く本作では生徒たちによる“校内裁判”が開廷し、真実が明かされていく。

 同2部作で役名・藤野涼子のままデビューした藤野は、「オーディションも合わせてみんなで1年以上頑張ってきたので、公開されるのが嬉しいと共に、みんなと別れる寂しさがあります」と告白。また板垣は本作を通じて「いろんな人と出会えたことが幸せだし、見てもらえて嬉しい。人生で一度、経験できるかできないかという作品に関わることができた」と充実した表情をのぞかせた。

周囲の友人も前編を鑑賞しているという藤野は「前編を見て『こんなところで終わるなんて! もっと見せて』と友だちから言われます(笑)」と周囲の反応に手応えを感じている様子だ。一方、板垣は「友だちからは『お前が犯人じゃねえか?』と言われるので、後編を見るように勧めています(笑)」と笑みを浮かべた。

劇中では中心的な役割を演じている2人だが、成島監督は「実はワークショップをしていて、子役からやっている子たちもいたので、残ったキャストの中で2人の演技力は最下位だった」と明かす。「ただ、2人の真っ直ぐなまなざし、心に賭けてみようと思いました。スタッフからは『間に合わない』と反対も多かったのですが、この2人で成立しないならやめようと思った。見事にやりきってくれて感謝しています」とその成長を称えた。

後編、特に目玉となる約300人の傍聴人の前での裁判シーンについて藤野は「表現する難しさを知りました。何度も何度もNGを出して演じて、NGの時は『なんでこんなに出来ないのか?』と思いましたが、監督、スタッフのおかげで自分でも納得のできるシーンになりました」と苦労の末につかんだ自信を口にし、「(女優人生の)第一歩としていい作品に出させていただきました」と力強く語っていた。

ソロモンの偽証 前篇・事件」は公開中、「ソロモンの偽証 後篇・裁判」は4月11日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi