「ソロモンの偽証 後篇・裁判」ポスターは未来への希望を感じさせるビジュアルに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月10日 > 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」ポスターは未来への希望を感じさせるビジュアルに
メニュー

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」ポスターは未来への希望を感じさせるビジュアルに

2015年3月10日 15:00

主人公・藤野涼子の眼差しが印象的な 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」ポスター「真実(1960)」

主人公・藤野涼子の眼差しが印象的な
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」ポスター
(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ベストセラー作家の宮部みゆき氏が構想に15年、執筆に9年を費やしたミステリー巨編を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の後編「ソロモンの偽証 後篇・裁判」のポスターが完成した。

男子生徒・柏木卓也の死から始まった一連の事件に揺れる城東第三中学校で、生徒たちの手による校内裁判が行われることになった。裁判の提案者である藤野涼子は、告発状によって柏木殺害の嫌疑をかけられた大出俊次(清水尋也)の有罪を立証しようと奔走。一方、他校生ながら裁判に参加する神原和彦(板垣瑞生)は大出の弁護人となり、涼子と相対する。

このほど完成したポスターは、凛とした表情で正面を見据える主人公の涼子が、天びんの左の皿に大人たち、右の皿に中学生たちを乗せ、それぞれの「正義」をはかり、その上から差し込む光が事件の「真実」を照らすという内容のもの。「真実の先にある、希望」「校内裁判、終結。」「【嘘】に隠された驚愕の真相。すべてが暴かれたとき、その【真実】に涙する――。」といったキャッチコピーが、重々しいサスペンスタッチだった「前篇・事件」(公開中)から一転し、涼子ら中学生たちが校内裁判の過程で事件の真実に近づき、救済と希望へ向かっていく展開を予感させる。

ソロモンの偽証 前篇・事件」は公開中、「ソロモンの偽証 後篇・裁判」は4月11日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi