「世界名作劇場シリーズ」の日本アニメーション制作「シンドバッド」公開日決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月30日 > 「世界名作劇場シリーズ」の日本アニメーション制作「シンドバッド」公開日決定
メニュー

「世界名作劇場シリーズ」の日本アニメーション制作「シンドバッド」公開日決定

2015年3月30日 12:15

「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」キャラクター紹介「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」

「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」キャラクター紹介
(C)プロジェクト シンドバッド
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「アラビアンナイト(千夜一夜物語)」で知られる船乗りシンドバッドの物語を新たにアニメ映画化する「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」の公開日が7月4日に決定し、各キャラクターの詳細が発表された。

映画は、船乗りになって世界を旅することを夢見る少年シンドバッドとサルのミミが、空をかける木馬に乗った少女サナと出会ったことから始まる冒険を描く。

今回明かされたのは、主要な登場人物5人と1匹の性格やバックグラウンド。主人公シンドバッドは、考えるよりも先に行動してしまう好奇心おう盛な少年で、飼っているサルのミミがいつもそばにいてピンチを救ってくれる。木馬で空を飛ぶサナは、孤独だが心の芯の強い少女で、滅びたと言われている伝説の魔法族の国の姫。世界中に散り散りになった仲間を探す旅を続けているという設定だ。

シンドバッドが乗り込む船バハル号のラザック船長は、シンドバッドの行動にかつての自身の姿を重ね、失いつつあった夢や希望を取り戻す。シンドバッドの友人で船上で育てられたアリは、いつも楽をすることを考えているものの、要領が悪く結局は物事を大変にしてしまうというおっちょこちょいなキャラクターだ。一方、バハル号の船乗りとして生きてきた老人・ナジブは、長年培ってきた知識や知恵をシンドバッドに授けてくれる。

同作は、「世界名作劇場シリーズ」や「ちびまる子ちゃん」など、良質なアニメ作品を数多く生み出してきた日本アニメーションの40周年記念作品として、第38回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞した「STAND BY ME ドラえもん」を手がけた白組とタッグを組んで製作された。「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」の演出などを手がけてきた宮下新平がメガホンをとる。

シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」は、7月4日から全国で公開。

STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,895 山崎貴監督が贈る、累計観客動員600万人超、興収80億円突破の大ヒット・アニメーション。
映画ドラえもん のび太の恐竜 2006【ブルーレイ版】[Blu-ray/ブルーレイ] 映画ドラえもん のび太の恐竜 2006【ブルーレイ版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 2006年公開の新声優版「映画ドラえもん」第1弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi