世界名作劇場の日本アニメーションが「シンドバッド」を新たに映画化 7月全国公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月23日 > 世界名作劇場の日本アニメーションが「シンドバッド」を新たに映画化 7月全国公開
メニュー

世界名作劇場の日本アニメーションが「シンドバッド」を新たに映画化 7月全国公開

2015年1月23日 13:00

「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」 ポスタービジュアル「シンドバッド」

「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」
ポスタービジュアル
(C)プロジェクト シンドバッド
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「世界名作劇場」シリーズで知られる日本アニメーションの創業40周年を記念した新作劇場映画「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」が、7月に全国公開されることがわかった。手塚治虫が製作総指揮の「千夜一夜物語」や、ディズニーの名作「アラジン」など、これまでも多くの映画やアニメの題材になってきた「アラビアンナイト(千夜一夜物語)」の中でも最も有名な物語のひとつである「シンドバッド」を新たに映画化する。

日本アニメーションの創業は1975年。同年の「フランダースの犬」を皮切りに、「あらいぐまラスカル」「赤毛のアン」といった「世界名作劇場」シリーズを手がけたほか、今年で放送25周年となる「ちびまる子ちゃん」など、良質なアニメーション作品を数多く生み出してきた。そんな同社が、創業40周年記念作品として、昨年大ヒットを記録した「STAND BY ME ドラえもん」の白組とタッグを組み、新たな「シンドバッド」の物語をスクリーンに送り出す。船乗りになり、未知の世界へ旅することを夢見るシンドバッドとお猿のミミの前に、空かける木馬に乗る少女サナが現れたことから、世界が大きく動き始める。

となりのトトロ」「魔女の宅急便」といったスタジオジブリ作品をはじめ、数多くの名作を手がけてきた佐藤好春を作画監督に、NHK BSプレミアムで現在放送中のアストリッド・リンドグレーン原作、宮崎吾朗監督作「山賊の娘ローニャ」を担当している川崎ヒロユキをシリーズ構成に迎え、「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」を演出した宮下新平が監督を務める。

企画・プロデュースを担当する白組のプロデューサー・小池賢太郎氏と日本アニメーションのプロデューサー・井上孝史氏は、「この企画の製作のテーマは『継承』。親から子へ、時代を超えて受け継がれるべき大切なことを不朽の名作にのせて、今の時代にあった形で映像化したいと考えています」と連名でコメントを寄せている。

STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,890 山崎貴監督が贈る、累計観客動員600万人超、興収80億円突破の大ヒット・アニメーション。
となりのトトロ[DVD] となりのトトロ[DVD] 最安価格: ¥3,756 昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈るファンタジーアニメ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi