ルミエール・ジャパン・アワードグランプリは「ドラえもん」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月22日 > ルミエール・ジャパン・アワードグランプリは「ドラえもん」
メニュー

ルミエール・ジャパン・アワードグランプリは「ドラえもん」

2014年12月22日 05:00

ルミエール・ジャパン・アワードグランプリに輝いた 「STAND BY ME ドラえもん」「STAND BY ME ドラえもん」

ルミエール・ジャパン・アワードグランプリに輝いた
「STAND BY ME ドラえもん」
(C)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際3D先進映像協会日本部会(I3DAIS-J)はこのほど、東京・秋葉原のUDXシアターでイベント「3Dユニバーシティジャパン2014」を開催した。

ジム・チャビン(I3DAIS会長)、河合隆史(同会長)の両氏が基調講演に続いて、アワード表彰式を実施。グッドプラクティス・アワードは3Dの特性に着目し、その普及・発展への寄与が期待される取り組みを表彰するもの。今年度は3Dカテゴリに加え、4Kカテゴリを新設した。3Dカテゴリでは「8K3D映像制作への取り組み」(NHKメディアテクノロジー)などが、4Kカテゴリでは「<BRAVIA 4K×L’Arc~en~Ciel> L’Arc~en~Cielを4Kで体感!」(ソニー・ミュージックレーベルズ/ソニーマーケティング/ソニーPCL)などが受賞した。

もうひとつのルミエール・ジャパン・アワードは、国内で製作・公開された優れた3Dコンテンツを表彰するもの。グランプリは「STAND BY ME ドラえもん」(白組)。作品賞は、アニメーション部門が「くるみ割り人形」(アスミック・エース/キュー・テック)、ドキュメント/ライブ部門が「大津波3.11 未来への記憶」(NHKメディアテクノロジー)。特別賞は、テーマパーク部門が「マイ・ホームワーク ボクたちに渡された3つの記憶」(TBSビジョン)、「ちさくんと学ぼう!土石流のはなし」(NHKメディアテクノロジー)、3D変換部門が「プレデター」(JVCケンウッド・ビデオテック)。(文化通信)

STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 山崎貴監督が贈る、累計観客動員600万人超、興収80億円突破の大ヒット・アニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi