山田涼介、“ふだんの二宮和也”のモノマネを披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月28日 > 山田涼介、“ふだんの二宮和也”のモノマネを披露!
メニュー

山田涼介、“ふだんの二宮和也”のモノマネを披露!

2015年3月28日 17:00

大ヒットを記録中の「映画 暗殺教室」「映画 暗殺教室」

大ヒットを記録中の「映画 暗殺教室」
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画を実写化した「映画 暗殺教室」の大ヒット御礼舞台挨拶が3月28日、都内で行われ、主演の山田涼介(Hey! Say! JUMP)、羽住英一郎監督が出席した。

今作で映画初主演を飾った山田には、暗殺の才能を秘めた主人公・渚という役どころにちなみ「秘めているモノマネの才能を披露して!」というリクエストが。山田は渋ったものの、人気キャラクター「殺せんせー」の声を担当した「嵐」二宮和也の“ふだんの姿”のモノマネを披露した。「朝、僕に挨拶をする二宮君。『山ちゃん、おはよう』。これですよ、結構似ていると思うんです」と胸を張ると、会場は喝さいに包まれた。

また、今作は公開から2日間の観客動員が35万人を突破するヒットを記録。続編への期待も寄せられており、山田は「これだけの方に見て頂いているので、もしかしたらあるかな。誰もわからない状態だけど、やる意欲はあるので、やれるならばやりたいですね」と意欲をのぞかせた。そして「2作目をやるのが僕たちキャストとかかわったスタッフみんなの思い」といい、「これからも皆さんの愛を注いでください」と呼びかけていた。

「Hey! Say! JUMP」のメンバーの反応を聞かれると、「僕の出演が決まった時はうらやましがっていたし、それと同時にすごく喜んでくれた。JUMPに似ている『せんせーションズ』というグループで力を貸してくれたので、皆で喜びを分かち合っていますね」とニッコリ。続けて「(岡本)圭人が、『山ちゃん、かわいかった』と、ちょっと気持ち悪いテンションで僕に伝えてきました(笑)」と明かし会場の笑いをさらった。

さらに、同作の公開にあわせフジテレビで放送されていた応援番組に出演した、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏が登壇。劇中で描かれている教育のあり方を「理想を求めていく教育がすごくいい。教師論としても極めて優れている。勉強ができない子には個別で教えたり、律ちゃんには連帯の気持ちを教えたり、殺せんせーは決して突き放したりしない」と絶賛していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi