「図書館戦争」続編がクランクアップ 岡田准一は堂上役を「より等身大に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月5日 > 「図書館戦争」続編がクランクアップ 岡田准一は堂上役を「より等身大に」
メニュー

「図書館戦争」続編がクランクアップ 岡田准一は堂上役を「より等身大に」

2015年3月5日 19:10

撮影を終えたばかりの佐藤信介監督と榮倉奈々「図書館戦争」

撮影を終えたばかりの佐藤信介監督と榮倉奈々
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田准一主演で有川浩氏の小説を実写映画化した「図書館戦争」の続編「図書館戦争 THE LAST MISSION」の撮影が3月2日、オールアップした。約3カ月にわたる撮影を乗り切った岡田、共演の榮倉奈々が同作に臨んだ心境を明かした。

図書館戦争」は、国家によるメディアの検閲が正当化された日本を舞台に、良書を守るため戦う図書館の自衛組織「図書隊」の戦いを描いた人気作。前作は2013年4月27日に公開され、興行収入約17億2000万円というヒットを記録。ファンも納得の理想的なキャスティングや、佐藤信介監督による恋愛要素とアクション要素がバランスよく描き出された内容に満足度も高く、続編を望む声が相次いだ。

その声に応えるべく、キャスト、スタッフも「ぜひまた同じチームでの続編製作を」と昨年12月に再結集。北九州市立中央図書館、水戸市立西部図書館、十日町情報館(新潟県十日町市)、山梨県立図書館、宮城県図書館といった日本全国各地の図書館施設や、防衛省、陸上自衛隊、航空自衛隊の全面協力も得て、63日間にわたるオールロケでの撮影を敢行した。

2月27日に授賞式が行われた第38回日本アカデミー賞では、「永遠の0」と「蜩ノ記」で史上初となる最優秀主演男優賞&最優秀助演男優賞のダブル受賞を果たしたことも記憶に新しい岡田は、「撮影が終わって今、さびしいですね」と素直な心境を吐露。早朝に市街地を走るシーンでクランクアップを迎えたことに「いかにも『図書館戦争』だなと思いました」と笑う。

前作に引き続き「図書隊」のエリート・堂上篤を演じたが、「前作とは堂上のキャラクターのスタンスを変えて、より等身大の人間として演じました」という。「上官として、役柄とリアリティを追求するために、榮倉さん、田中(圭)くん、福士(蒼汰)くんら、タスクフォースのメンバーと密にコミュニケーションを取りながら、コンビネーションが重視される芝居を、みんなで自然に出来るよう頑張りました」と隊員たちを引っ張っていった。

堂上に憧れて図書隊に入隊したヒロインの笠原郁を演じる榮倉は、前作の終了時から「いつ続編があっても良いように」と身体づくりを始めていた。それだけに、「まだ本編ができあがっていないので分かりませんが、トレーニングの効果が映像に出ているといいなと思っています」と期待を寄せている。

前作以上に岡田とともに挑むアクションシーンが多く、「岡田さんにアドバイスをもらいながら撮影に臨むことができました。(岡田さんは格闘技の)師範の資格を持っている方に間近で相談できて、しかも分かりやすく指導を頂けたので、とてもかっこいいシーンになっていると思います」と話している。10月全国公開。

図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,637 有川浩の同名ベストセラー小説の実写化したアクション・エンターテインメント作品!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi