恒松祐里、下田翔大ら「くちびるに歌を」合唱部が“最後”の「手紙」歌唱に感涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月1日 > 恒松祐里、下田翔大ら「くちびるに歌を」合唱部が“最後”の「手紙」歌唱に感涙
メニュー

恒松祐里、下田翔大ら「くちびるに歌を」合唱部が“最後”の「手紙」歌唱に感涙

2015年3月1日 15:30

カメラ男とパトランプ男もPRに努めた

カメラ男とパトランプ男もPRに努めた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恒松祐里下田翔大、葵わかなら映画「くちびるに歌を」で中学の合唱部員を演じた若手俳優12人が3月1日、東京・有楽町マリオン前での「映画ツイートデー」キャンペーンのオープニングイベントに参加。劇中の課題曲で主題歌にもなっているアンジェラ・アキの「手紙 拝啓 十五の君へ」の合唱を披露した。

部員たちはこれまで全国17都市をキャンペーンで回り、「手紙」を歌い継いできた。今後、福島でのキャンペーンが残されているが、その際にはメンバーが2人欠けるため、全員そろっての合唱はこの日が最後になる可能性も。そのためか、恒松は途中から表情をゆがませ、涙声になっていった。

歌唱後、「泣くつもりはなかったんだけれど…。本当はもうちょっとうまいんです。うまさは映画館で見てください。オーディションから1年、一生懸命心を込めて作ったので、前向きな気持ちになってほしい」と気丈にPR。歌う前は、「僕は泣きません」と宣言していた最年少の下田も、何度も手で目元をぬぐい「大ヒットすれば、また皆で集まれると思う」と再会を呼びかけていた。

「映画ツイートデー」キャンペーンは、「映画館に行こう!」実行委員会とツイッター・ジャパン社のコラボレーション企画。この日から毎月1日の映画サービスデー(来年2月1日まで)に指定のアカウントに映画の感想をツイートすれば、抽選でムビチケなどの賞品が当たる。この日は映画盗撮防止啓蒙キャンペーンのカメラ男が“仮釈放”され、パトランプ男と応援パフォーマンスを展開。道行く人にそれぞれの名刺を配って浸透を図っていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi