「天の茶助」松山ケンイチ、大野いとがベルリンレッドカーペットに登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月14日 > 「天の茶助」松山ケンイチ、大野いとがベルリンレッドカーペットに登場
メニュー

「天の茶助」松山ケンイチ、大野いとがベルリンレッドカーペットに登場

2015年2月14日 13:30

ベルリン映画祭に出席した 松山ケンイチと大野いと「天の茶助」

ベルリン映画祭に出席した
松山ケンイチと大野いと
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ベルリン国際映画祭で2月13日(現地時間)の夜、コンペティション上映の最後を飾る作品として、SABU監督の「天の茶助」が上映された。レッドカーペットと記者会見には、監督とともに主演の松山ケンイチ大野いとが参加。ブロマイドを持参したファンにサインをする一幕も見られた。

監督が自身の原作を映画化した本作は、天界で茶番頭をしている天使の茶助が、地上に生きる孤独な女性、ユリが交通事故に遭うと知り、その運命を変えるため、人間界に降り立ってさまざまな困難に遭う物語。基本はコメディでありながらも、ときにしっとりとした詩情をたたえたハートウォーミングなラブストーリーでもある。正式上映ではところどころで笑いが起こり、上映後には喝采がわき起こった。

ベルリン国際映画祭には、初監督作の「弾丸ランナー」以来、今回が8回目の参加にして初のコンペティション出品となった監督は、「これまでずっとコンペティションに出たいと思ってきたので、とてもうれしい。自分の作品はコメディ寄りのものが多く、コメディはどうしても軽くみられがちななかで、コンペティションに選んでもらえたということは、それだけ評価してもらえたということだと思います」と語った。また松山が、「お客さんがどういう反応をするのか楽しみにしていたんですけど、自分が面白いと思うところで観客も笑ってくれたので、楽しくなって一緒に笑っていました」と語れば、大野は、「すごくどきどきしながら観ていたんですが、大きな笑い声が聞こえてうれしくなりました。レッドカーペットで車から降り立ったときに、“これがテレビで観たことがあるものだ”と思い、すごく寒いはずなのに寒さも感じないぐらい、その情景に圧倒されました」と、初の海外映画祭の体験を語った。果たして審査員たちはどんな評価を下すのか、期待が膨らむところだ。


「フタバから遠く離れて 第二部」「天の茶助」

「フタバから遠く離れて 第二部」
(C)ドキュメンタリージャパン/ビックリバーフィルムズ
[拡大画像]

さらに併設のパノラマ部門に、日本人として唯一参加したニューヨーク在住の福永壮志の長編デビュー作「Out of My Hand」と、フォーラム部門の船橋淳の作品、「フタバから遠く離れて 第二部」も、その社会的なテーマが注目を浴びた。福永の作品は、過酷な労働条件にあるリベリアのゴム•プランテーションで働く主人公が、タクシードライバーとしてニューヨークに渡ったその葛藤と挫折を描く。初監督作とは思えない安定した演出と成熟した視点が光る。一方船橋の作品は、3年前の「フタバから遠く離れて」の続編にあたるドキュメンタリーで、3・11により福島から追われた町の人々の長期にわたる避難生活に密着。監督は、「福島の問題は時間が経てば経つほど重くなってくる。町の人々が安住の地を見つけるまでは、撮り続けたい」と、「地べたからの視点」を心がけ、彼らの生の声をすくいとってみせた。(佐藤久理子)

フタバから遠く離れて[DVD] フタバから遠く離れて[DVD] 最安価格: ¥3,201 故郷から遠く離れた場所で、現在も避難生活を送っている福島県双葉町民の日常を描いたドキュメント。ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi