イーストウッド監督作史上最大のヒット!「アメリカン・スナイパー」本予告映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月29日 > イーストウッド監督作史上最大のヒット!「アメリカン・スナイパー」本予告映像公開
メニュー

イーストウッド監督作史上最大のヒット!「アメリカン・スナイパー」本予告映像公開

2015年1月29日 12:00

映画ではクリスの抱える葛藤が描かれる「アメリカン・スナイパー」

映画ではクリスの抱える葛藤が描かれる
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED,
WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2度のアカデミー賞監督賞に輝くクリント・イーストウッド監督の最新作「アメリカン・スナイパー」の本予告映像が公開された。

2013年に死去した、“伝説の狙撃手”クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。2003年にイラク戦争が始まってから4度にわたり遠征し、米軍史上最多となる160人を射殺したカイルの半生を描く。全米興行収入が2億ドルを突破し、イーストウッド監督作品で最大のヒット作となっている。

公開された予告映像は、戦地から戻りながらも心の整理がつかずに帰宅できないカイル(ブラッドリー・クーパー)が、妻のタヤ(シエナ・ミラー)と涙をにじませながら電話で話すシーンや、穏やかな表情で娘と一緒にいるカイルの姿が映し出されるなど、同作のテーマのひとつである家族や夫婦のきずなが伝わってくる内容。また、武器を手にした子どもに銃口を向けるカイルの苦渋の表情や、「救えなかった戦友の顔が浮かぶ」という言葉からは、心に抱える葛藤の大きさがうかがえる。

イーストウッド監督は「この映画では、クリスの功績と人生の個人的な側面がどう交わるのかを描いている。戦争がひとりの人物に与えるダメージが明らかになるとともに、家族全体に与えるプレッシャーも描かれている。このストーリーを語ることが特に意味深いと思った」と説明。主演とプロデューサーを兼ねたクーパーは「これは従軍経験者のほとんどが乗り越えなければならない状況を描いた普遍的なストーリーなんだ。彼らは刻々と変化する緊迫した戦場にいたのに、帰国すると突然“普通の日常に”引き戻される。僕はそこにとても心を動かされた」と語っている。

アメリカン・スナイパー」は、2月21日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi