ストップモーションアニメ工房ライカがフォーカスと配給契約を締結 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月26日 > ストップモーションアニメ工房ライカがフォーカスと配給契約を締結
メニュー

ストップモーションアニメ工房ライカがフォーカスと配給契約を締結

2014年12月26日 21:50

「The Boxtrolls」の一場面「コララインとボタンの魔女 3D」

「The Boxtrolls」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「コララインとボタンの魔女 3D」や「パラノーマン ブライス・ホローの謎」などストップモーションアニメを手がけるライカ(LAIKA)が、フォーカス・フィーチャーズと新作映画3作品の配給契約を結んだとハリウッド・レポーター誌が報じた。

ライカは、ナイキの共同創始者のフィル・ナイトの息子でアニメーターのトラビス・ナイトが立ち上げたアニメ工房で、最新作「The Boxtrolls」は今夏全米公開されている。フォーカス・フィーチャーズと今後3作品の配給契約を締結した同社は、その第1弾として古代日本を舞台にした「Kobo and the Two Strings」の製作を発表。マシュー・マコノヒーシャーリーズ・セロンルーニー・マーラレイフ・ファインズが声の出演を果たし、最高経営責任者のトラビス・ナイトがはじめて監督を手がけることになる。

「Kobo and the Two Strings」は2016年8月19日の全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi