武田梨奈、主演映画の観客動員3万人未満なら「全身タイツで竹下通り歩く」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月22日 > 武田梨奈、主演映画の観客動員3万人未満なら「全身タイツで竹下通り歩く」
メニュー

武田梨奈、主演映画の観客動員3万人未満なら「全身タイツで竹下通り歩く」

2014年12月22日 09:10

武田梨奈が日韓の5人組ユニット「BEE SHUFFLE」とダブル主演「原宿デニール」

武田梨奈が日韓の5人組ユニット「BEE SHUFFLE」とダブル主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アクション女優の武田梨奈が12月21日、日韓の5人組ユニット「BEE SHUFFLE」とダブル主演する映画「原宿デニール」の完成会見を都内で行った。

上司との不倫に悩むツンデレ婦警という役どころの武田は、劇中衣装の制服姿で登場。「はっちゃかめっちゃかな、パズルのような映画です」と怪しい日本語でアピールし、上司役の「キングオブコメディ」の今野浩喜から「はっちゃかめっちゃかって、どんな映画?」と突っ込まれ苦笑いだ。

今年は頭突きで瓦を割る「クレディーセゾン」のCMをきっかけに注目され、「1年で瓦を300枚割った」という武田。今作に関しては趣向を変え、BEE SHUFFLEと今野に持たせた6枚の板を連続して割るヒット祈願を成功させ「すっきりしました」とさわやかな笑みを浮かべた。

一方、日韓共同制作のオーディション番組から生まれ“原宿発がけっぷちボーイズグループ”としてさまざまなミッションをクリアしながらメジャーデビューしたBEE SHUFFLE。映画初出演作に課せられたミッションは「観客動員3万人」で、達成できなければ本拠地の原宿に出入り禁止となる罰ゲームが発表され、メンバーのジュンは「原宿を取ったら、ただのがけっぷちになっちゃう」と嘆くことしきりだ。

すると武田が、「ダブル主演として、BEE SHUFFLEだけに責任を負わすわけにはいかない」と“男気”あふれる発言。「マネジャーさんに怒られるかもしれないけれど、3万人を達成できなければ、私は全身タイツ竹下通りを歩きます」と宣言し、会場に加えBEE SHUFFLEからの盛大な拍手を浴びていた。

原宿デニール」は、原宿で暮らす人、働く人、遊びに来る人の人生がさまざまな形で錯そうしていく群像劇。2015年5月16日に東京ユナイテッド・シネマ豊洲ほかで全国順次公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi