武田梨奈、瓦300枚以上割り「皆から“瓦バカ”だと言われる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月17日 > 武田梨奈、瓦300枚以上割り「皆から“瓦バカ”だと言われる」
メニュー

武田梨奈、瓦300枚以上割り「皆から“瓦バカ”だと言われる」

2014年12月17日 16:30

藤田弓子、武田梨奈、鈴木杏樹、宇梶剛士「ライアの祈り」

藤田弓子、武田梨奈、鈴木杏樹、宇梶剛士
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「あなたへ」「虹の岬の喫茶店」などを執筆した作家・森沢明夫氏の小説を映画化する「ライアの祈り」の完成報告会見が12月17日、都内で行われ、森沢氏をはじめ主演の鈴木杏樹宇梶剛士武田梨奈藤田弓子黒川浩行監督、製作の川阪実由貴氏が出席した。

アクション女優としてブレイク中の武田は「今年、瓦を300枚以上割りましたので、皆から“瓦バカ”だと言われる」と告白。さらに撮影時のエピソードを聞かれると「鈴木杏樹さんが何か固い物を見つけると、『梨奈ちゃんこれ頭突きで割れる?』と言ってきた(笑)。可愛がっていただきました」と明かし、会場の笑いを誘った。

津軽百年食堂」から始まる「青森3部作」の第2弾で、青森・八戸を舞台に時空を超えた恋を描く。物語は3600年前の国宝・合掌土偶や縄文時代の遺跡に魅せられた考古学者・五朗(宇梶)と、恋に臆病な主人公・桃子(鈴木)が出会うことから始まる。桃子は、太古の記憶や原風景をたびたび夢に見る。夢の内容を五朗に話すことで、2人は仲を深めていく。

ロケのほとんどを八戸で敢行した本作。鈴木は、縄文時代晩期の遺跡・是川遺跡で行った撮影を振り返り「何千年前にそこに生きていた人たちが触っていた土器が、5000年たった私たちが、間接的に触れることができるというめぐりあわせに感動した」と感激の面持ち。宇梶も作品を通じ、「自分の心の隙間に潤いを与えてもらいました」といい、「見ていただいた方に、ちょっと人に優しくしたいという気持ちになってもらいたい」と呼びかけた。

黒川監督は「杏樹さんの笑顔に『これはほれてしまうよ』と思ったが、『まだほれちゃだめ』とおさえるのが大変でした」とおどけながらも、「(撮影時には)全て本物の遺跡を使わせてもらった。本物の迫力がこの映画を素敵なものにしてくれている」とアピール。そして、「不思議な映画で、今どきの派手さはありませんが、引き込まれると思います。日本人の原体験、人の機微、温かさに涙してもらえるんじゃないかな」と自信をのぞかせていた。

ライアの祈り」は、2015年初夏公開予定。

津軽百年食堂[Blu-ray/ブルーレイ] 津軽百年食堂[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 ヒット小説「津軽百年食堂」を原作に、名匠・大森一樹が紡ぎ上げた心温まる人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi