田中麗奈、主演ドラマの「病んでいる」役と「友達になりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月12日 > 田中麗奈、主演ドラマの「病んでいる」役と「友達になりたい」
メニュー

田中麗奈、主演ドラマの「病んでいる」役と「友達になりたい」

2014年12月12日 18:50

カレシなし、友達なし、仕事なしの主人公を演じる田中麗奈

カレシなし、友達なし、仕事なしの主人公を演じる田中麗奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の田中麗奈が12月12日、主演のNHK-BSプレミアムよるドラマ「徒歩7分」(来年1月6日スタート、毎週火曜午後11時15分)の第1・2話の試写後に東京・渋谷区の同局で会見した。

田中演じる主人公・黒崎依子はカレシなし、友達なし、仕事なしにもかかわらず独り暮らしを始めるという設定で、「病んでいるなあと思いました。似ているとも言いたくない」と苦笑い。それでも、「自分が持っている孤独感と向き合わなければできないと思い、自分を掘り下げて落とし込んで同化していきました。嫌な作業でしたけれど、お互いに歩み寄れた感じですね」と手応えを口にした。

脚本で15ページにも及ぶ1シーンを長回しで撮影することも多かったが、「舞台をやっているようでクッタクタになりますけれど、それが楽しくてたまらなかった」という。続けて、「芝居で流れができる感覚がたまらなくて、血が騒いでいました。でも、表には見せられないのでどれだけリラックスするかが勝負でしたね」と満足げに振り返った。

第2話まで怠惰で自己中心的な面が際立つ依子は第3話以降、徐々に能動的になっていくそうで、田中は「(依子と)友達になってみたいですね」ときっぱり。「人間というより動物みたいで、これを食べさせたらどうなるんだろう、あそこに連れて行ったらどういう反応をするんだろう、どんな本を読んでいるんだろうって興味がわきます」と笑顔で話していた。

「徒歩7分」は、独り暮らしを始めた依子が、隣人や弁当店の従業員ら“徒歩7分”圏内でコミュニケーションを取るようになり、ささやかな日常を積み重ねていくことで未来への希望を見いだしていく姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi