「テラスハウス」映画化!てっちゃんの「卒業」までの日々を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月10日 > 「テラスハウス」映画化!てっちゃんの「卒業」までの日々を描く
メニュー

「テラスハウス」映画化!てっちゃんの「卒業」までの日々を描く

2014年12月10日 06:00

あの日、あの扉の先には続きがあった 「テラスハウス」が映画化「テラスハウス クロージング・ドア」

あの日、あの扉の先には続きがあった
「テラスハウス」が映画化
(C)2015 フジテレビョン イースト・エンタテインメント
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012~14年にフジテレビ系列で放送された人気番組「テラスハウス」が、「テラスハウス クロージング・ドア」として映画化されることがわかった。2015年2月14日に公開される。

「テラスハウス」は12年10月、海が見えるシェアハウスに暮らす男女6人の日々を記録するリアリティショーとしてスタート。総勢22人の若者がシェアハウスで経験した出会いや別れ、恋や友情を追った。午後11時台と遅い時間帯ながらも最高視聴率は9.1%を記録し、番組YouTube公式チャンネルの累計再生回数は2億回を超える。オープニングテーマとなったテイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together」、エンディングテーマのスノウ・パトロールによる「Chasing Cars」などを収録した関連商品のサントラも3作品合計で25万枚以上を売り上げるヒットになったが、番組は14年9月に惜しまれつつも終了した。

テレビの最終回は、番組開始時から2年間、テラスハウスに暮らし続けた「てっちゃん」こと菅谷哲也が家の扉を開け、出ていこうとするところで終幕した。しかし、その後には本当のラストへと続く日々が待っており、映画では、菅谷と新たな住人たち、そしてテラスハウスを巣立っていったメンバーたちによる最後の様子が描かれる。

プロデューサーの太田大氏と松本彩夏氏は、「テラスハウスで、やり残したことは『卒業』」という菅谷の一言から番組の続きを描くことに思い至ったという。「テラスハウス」はSNSで感想をシェアしながら見るというスタイルも人気だったが、映画化することで「最後の最後は、劇場という閉ざされた場所で、大切な人とともに、または『テラスハウス』を好きでいてくださる方々同士で、同じ時間と空間で思いをシェアしていただきたい」と語っている。

映画化決定とともに、番組YouTube公式チャンネルでは特報映像も配信開始。映像は、テラスハウスのドアを開けた菅谷が、扉の先に立っていたある人物を目にして驚く姿から始まり、今井華筧美和子宮城大樹湯川正人今井洋介島袋聖南ら、おなじみの面々の姿が映し出されていく。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi