「妖怪になりたい」夢追求する加藤志異、今後は「妖怪という言葉を国際語にしたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月7日 > 「妖怪になりたい」夢追求する加藤志異、今後は「妖怪という言葉を国際語にしたい」
メニュー

「妖怪になりたい」夢追求する加藤志異、今後は「妖怪という言葉を国際語にしたい」

2014年12月7日 23:40

舞台挨拶に立った加藤志異「加藤くんからのメッセージ」

舞台挨拶に立った加藤志異
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 月収9万円、36歳独身の一般人男性が「妖怪になる」という夢を追いかける姿を映し出した異色ドキュメンタリー作「加藤くんからのメッセージ」が12月6日、東京・渋谷シアターイメージフォーラムで公開初日を迎え、出演の加藤志異と綿毛監督が舞台挨拶に出席した。

早稲田大学を11年かけて卒業した加藤は、「人の夢を応援する妖怪になりたい」という目標を追求し続け、“妖怪演説”と称して「夢は叶う! 僕らの夢よ、届け!」と絶叫する。その思いの根源には、大失恋や漫画家になれなかった挫折があった。加藤がなぜ妖怪になりたいのか、そしてどこへ行くのかに迫った2年間を映し出す。

加藤は、深夜にも関わらず満席の客席に「これから僕も、皆さんのそれぞれの夢を応援したいです。僕に連絡をください。TwitterとかFacebookもやっていますので、一緒に夢をかなえていきましょう」と力強く呼びかける。さらに、会場を駆けめぐりながら「どんな夢でもかなうのです。大好きな人を幸せにすることも必ずできる。もう一度会いたいあの人に会うことも必ずできる。だから僕は死なない。僕は生きる。僕は妖怪になる!」と高らかに“妖怪演説”を行った。

現在は絵本作家としても活躍している加藤。今後は「妖怪という言葉を国際語にしたい」といい、「『妖怪=YOKAI』が世界中どこに行っても伝わるようになってほしくて、来年は外国で(演説や絵本の読み聞かせなどの)妖怪活動をしたい」と胸を躍らせる。

さらに、社会現象にもなっている「妖怪ウォッチ」を引き合いに出し、「『妖怪ウォッチ』が世界中に知れ渡れば妖怪というのも広がる。頑張ってほしいし、僕も頑張る。お互い頑張ろうぜと思う」とエールをおくった。同作は今後、愛知・名古屋シネマテークと大阪・第七藝術劇場で順次公開予定。

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi