オーウェン・ウィルソンが初来日!名匠ボグダノビッチとの固いきずな語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月29日 > オーウェン・ウィルソンが初来日!名匠ボグダノビッチとの固いきずな語る
メニュー

オーウェン・ウィルソンが初来日!名匠ボグダノビッチとの固いきずな語る

2014年10月29日 21:30

壇上で抱き合うオーウェン・ウィルソンと ピーター・ボグダノビッチ監督「ワカラナイ」

壇上で抱き合うオーウェン・ウィルソンと
ピーター・ボグダノビッチ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]名匠ピーター・ボグダノビッチ監督の新作「シーズ・ファニー・ザット・ウェイ」が、第27回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門でアジアプレミア上映され、ボグダノビッチ監督がティーチインに出席。急きょ来日した主演俳優オーウェン・ウィルソンも駆けつけ、固いきずなを見せつけた。

元コールガールと、彼女に翻ろうされる舞台演出家らを中心にした群像コメディ。ボグダノビッチ監督は、「Saint Jack」(1979)の撮影で実際にコールガールと会った体験が着想になっていると明かし、「故郷に戻りたいと言っていたコールガールたちに『今やっていることをやめて帰りなさい』とお金を渡しました。映画監督がこのようなことをして、作品にキャスティングしたらどうなるかなというクレイジーなアイデアからはじまりました」と説明した。

今回が初来日となったウィルソンは、「日本に来られてうれしいです。初めての日本、初めての東京。素晴らしい街ですね」とニッコリ。そして、ボグダノビッチ監督の話を受け、「(着想点が)聞くだけでもクレイジー(笑)。(本作の設定は)確かにものすごくドラマチックな緊張が生まれるけれど、今回はコメディ的な緊張にしました」と語った。

この日、多くのファンが詰めかけ会場は満席。ボグダノビッチ監督は、映画に込められた“マジック”について問われると「わからない」と笑いを誘いながらも、「はっきりしていることは良い役者をそろえること。素晴らしい役者のベストな演技を引き出し、自分もベストな演出をする。お互いの関係性から生まれるのだと思います」と持論を展開した。

さらに「今回はすごくうまくいったと思います。オーウェンのファンなので、今回彼が出演すると言ってくれた時、成功すると思いました」と振り返ると、ウィルソンも「今までの人生の中で1番楽しく、喜びのある仕事でした」と最敬礼。ふたりはウェス・アンダーソン監督を通じて知り合ったそうで、ウィルソンは「今回の仕事を通じて、よりきずなが強くなった気がします。(撮影中の映画について話をする時に)今回ほど誇らしく思ったことはありません。とてもサポートしてくれるので、自分が勇気づけられていると感じられます。自分の親がこういう人だったら良いなと思えるような方」と名匠に全幅の信頼を寄せていた。

第27回東京国際映画祭は、31日まで開催。

ダージリン急行[Blu-ray/ブルーレイ] ダージリン急行[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ウェス・アンダーソン監督による希望と再生のロードムービー。
ライフ・アクアティック[DVD] ライフ・アクアティック[DVD] 最安価格: ¥1,000 世界的に有名な海洋探検家であり、ドキュメンタリー映画監督でもある男とその仲間たちの冒険と悲劇を描いた海洋冒険ファンタジー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi